40代 大人カジュアル

歳を隠すのをやめました

40代からの大人カジュアルコーデ|プチプラ&ハイブランドミックス最新ファッション

スポンサーリンク

おとなトラッドなチェックのパンツでオンオフを兼用

今日はパンツ選びの話。トップスはわざと大きめを着てボーイッシュにしたり、サイズ選びは少々ルーズでも済むのですが、パンツの場合そうはいきません。大きすぎると老け見えしますし、小さすぎるとお腹とお尻がパツンパツンで太って見えます。

 

スウェットなど普段着を除いて、私は持っているパンツの8割がBanana RepublicかTheory。窮屈じゃなく、かと言ってウエストが余らず、ピッタリのサイズを着ることにしてます。

 

www.connoisseur12.com

 気に入ったものはヘビロテするので毎年2本ぐらい断捨離して、バーゲン時期になると新しいのをゲットするローテーション。この冬はチェックのパンツを買いました。

BananaRepublicのAvery(エイヴァリ)というラインで、適度にフィットしたテーパードでミッドライズ。他のラインであっても、足首がきれいに見えるクロップド丈を選ぶことにしています。

 

f:id:otona12:20180102174641j:plain

 

紺と深緑のタータンチェックは大好きで、去年の5月にピエロ(Pierrot) で買った「クロップドレギンスパンツ 」は超ヘビロテしていますが、さすがにこれは仕事に着て行けません。正しいパンツ選びはもう一つ、着るシーンに合った素材を選ぶことです。

 

www.connoisseur12.com

さて、まずはベーシックなコーデ。ユニクロの「メリノリブ タートルネックセーター」と黒のパンプスだけで、縦長ラインを作りました。パンツがポリエステル69%、ビスコースレーヨン29%、ポリウレタン2%という素材なので、変なシワが寄ることなくストンと決まります。

 

f:id:otona12:20180103144903j:plain

 

まだ冬ですが、黒のタイツは履きません。足元に抜け感を作ると、女っぽさがアップするからです。寂しい雰囲気を補うには一色だけ差し色を持ってきましょう。

 

 

 

 ネックに赤のマフラーを巻きました。外出する時はこの上にピーコートかトレンチコートを着れば、おとなトラッドの完成です。

 

f:id:otona12:20180103145248j:plain

 

カジュアルテイストの強いチェックでも、ジャケットを着れば仕事着になります。クラシックフィットのブレザーはこれもバナリパのアイテム。一番寒い時期ではありますが、お正月を過ぎたので、春らしいカラーを選んで立春を待つことにしましょう。

 

f:id:otona12:20180102180551j:plain