高見え 若見え コーデ

歳を隠すのをやめました

40代からの大人カジュアルコーデ|プチプラ&ハイブランドミックス最新ファッション

スポンサーリンク

白のリネンシャツの着こなしは袖の折り方&胸の開き方にコツ

例年になく、早い梅雨明けがやってきました。高温多湿な日本の夏にピッタリな素材はリネン(麻)。シワになっていいし、汗をかいても肌に張り付かないし、長袖ならエアコン対策にもなるので、リネンシャツは色違いを何枚か揃えています。

 

最も着回しがきくのは白。ジーユー(GU )の「フレンチリネンシャツ」は麻100%で1,990円。胸ポケットが付いていると更に良かったのですが、この値段なので文句は言いません。今年はトレンドのドロップショルダータイプなので、サイズはSを選びました。

 

f:id:otona12:20180701122149j:plain

f:id:otona12:20180701132054j:plain

 

洗いざらしの素朴さを活かすために、カーキ色のパンツとシンプルにコーデ。ドゥクラッセ(DoCLASSE )の「ストレッチリネン・スタイルパンツ」(5,990円 → 4,990円)は、幅広のゴムウエストと同色のリボンがアクセントになっているので、小細工せずにそのまま着られます。

 

f:id:otona12:20180701122749j:plain

ストレッチリネン・スタイルパンツ

 

透けてしまう白のリネンシャツは、中に同色のキャミを着ます。そのぶん胸元は大きめに開くと、抜け感が出て涼し気に。カフスは留めずに袖まくりしますが、1.5折りをするのが崩れずに決まるポイントです。やり方は去年、GUのピンクのシャツで解説しています。

 

www.connoisseur12.com

ボトムスをGUの「デニムフロントマキシスカート」1,990円に替えました。ベルトなしでシンプルに、アクセントは帽子とシルバーのアクセサリーだけにしています。

 

f:id:otona12:20180701124441j:plain

 

中に着るキャミソールは柄物にしても楽しめます。ボーダーのノースリーブでネイビーコーデをしてみましょう。

 

 

 

 

GAPのノースリーブカットソーと Banana Republicのチノパンを着て、リネンシャツはカシュクール風にしました。ボタンはとめずに、裾をクロスさせてパンツに挟み込んでいます。

 

f:id:otona12:20180701124700j:plain

 

リネンシャツはカーディガンのように、腰に巻くのもOK。ジーユー(GU )の「リブスリーブレスT」(990円・RED)と、ギンガムチェックの「2WAYストレッチテーパードパンツ」1,690円とコーデしました。

寒くなったらジャケット代わりに着られるし、後ろに広がったシャツの裾がお尻を隠してくれるので、一石二鳥です。

 

f:id:otona12:20180701124930j:plain

 

リネンシャツは無印良品の「フレンチリネン洗いざらしシャツ」(税込2,753円)も売れ筋商品。ポケットが付いているのでポイントは高いのですが、肩幅が合わないと上半身が大きく見えるデメリットがあります。

オッサンっぽくなるのを避けたくて、私はGUのドロップショルダーを選んだわけです。ガンガン洗って何度も着るので、ひと夏限りのアイテム。白シャツに限ってデザインは、その年のトレンドで選んでいいと思っています。

 

f:id:otona12:20180701130450j:plain

無印良品「フレンチリネン洗いざらしシャツ」