大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

合成洗剤から洗濯石けんに変えたら肌の痒みが無くなった


お肌の乾燥が気になる冬。去年まで私は、寝ているあいだに身体を掻きむしって、傷だらけの肌をしていました。手も足も粉が吹いた状態になり、テレビで宣伝している痒み止めクリームを塗っても、全く効き目なしだったんです。

 

 

不思議だったのは身体が痒いのに、どんなに空気が乾燥していようが、顔は何ともないこと。石鹸で洗顔したまま放置していても、顔だけはしっとり潤っています。

 

もしかして・・と思い、疑いの目を向けたのは洗濯用の洗剤。アタックとかニュービーズとか、高い洗浄効果を謳う合成洗剤をずっと使ってきたのを、無添加の洗濯石けんに替えてみました。

 

Amazonで注文したのは、ミヨシ「無添加 お肌のための洗濯用 液体せっけん」です。柔軟剤は要らないそうですが、これまでの習慣が抜けなくて、ミヨシ「石けん屋さんが考えた衣類のリンス」も買いました。

 

f:id:otona12:20181225232416j:plain

 

キャップをあけて匂いを嗅ぐと、石鹸とお酢。なのに2つ合わせると1,300円で、これまで使ってきた粉末洗剤よりも高くつきます。

 

f:id:otona12:20181225232435j:plain

 

 

このブログには何度か書いていますが、私は固形の純石鹸が大好き。商品レビューをしないときには、頭のてっぺんから爪先まで、石鹸で洗っています。

お風呂上りにはスベスベの肌なのに、衣服で覆っている部分だけがカサカサになるのは、洗剤に入っている化学物質のせいに違いないと思いました。

 

 

 

 

下の画像は合成洗剤。真ん中の成分のところを見ると、ケミカルな成分がいっぱい記載されています。合成界面活性剤に加えて、工程剤、漂白剤、分散剤、柔軟剤、蛍光漂白剤、酵素。これが繊維に浸み込むわけです。

f:id:otona12:20181225234609j:plain

 

そしてこちらがミヨシの液体せっけん。成分は純石けん分だけです。

 

f:id:otona12:20181225234818j:plain

 

以前、石鹸洗髪の記事に載せましたが、純石けんは海に流しても生き物の害になりませんが、合成石鹸は自然を壊します。どんなにすすいでも、強力なケミカル成分は衣服に残留しますから、アトピーや乾燥肌の原因になる可能性が大きいんですよね。

 

www.connoisseur12.com

洗濯石けんでタオルを洗った感触から言えば、合成洗剤よりもフワフワ度は劣ります。衣類のリンスに関しては、何度も使っていると洗濯機の柔軟剤口にカビが生えます。でもそれは、防カビ剤が入っていないってことですよね。

成分はクエン酸とクエン酸ナトリウムだけ。おそらく口に入れても大丈夫でしょう。

 

f:id:otona12:20181226000630j:plain


「無添加 お肌のための洗濯用 液体せっけん」と「石けん屋さんが考えた衣類のリンス」を使うようになってから、身体の痒みがピタリと止まりました。

今年はGUで買ったアクリル100%の部屋着を着ていますが、以前なら絶対にカユカユになっていたのが、今は全く平気です。

 

枕カバー、布団カバーも純石けんで洗ったことで、湿疹に悩まされることが無くなりました。化学が進化していない時代、昔の人たちの肌がきれいだったのは、こんなシンプルなものを使っていたからかもしれませんね。

 

Amazon

無添加 お肌のための洗濯用 液体せっけん 1.2L

新品価格
¥515から
(2018/12/26 00:14時点)

石けん屋さんが考えた衣類のリンス 本体800ml

新品価格
¥800から
(2018/12/26 00:16時点)

 楽天

ミヨシ石鹸 無添加 お肌のための洗濯用液体せっけん 1.2L

価格:615円
(2018/12/26 00:17時点)
感想(53件)