大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代からの高見え若見えコーデ&エイジングケアのブログ

顧客満足度第1位のUQ mobileは格安で通信が安定! キャッシュバックを利用して超お得に使う方法


去年の夏にスマホのキャリアをマイネオから【UQモバイル】 に変更して8カ月が過ぎました。フリーSIMではマイネオの人気も高いのですが、都心に行ったら繋がらなくて役に立たないので、UQモバイルにシフトしたのです。できるだけ出費が少なくて済むようセレクトした経過は、下の記事に載せています。

 

www.connoisseur12.com

そして私の決断は正しかった!と嬉しくなる発表を見つけました。日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関「MMD研究所」の調査で、「格安SIM利用率上位9サービスの総合満足度は76.7%、総合満足度1位はUQ mobile」という結果が出たことです(2019年3月19日の記事)。

 

mmdlabo.jp

表を転載します。顧客満足度、データ通信品質・安定性、通話定額、データオプション、サービスブランドの信頼性で、UQモバイルが1位になっています。

f:id:otona12:20190323162739p:plain

利用中の格安SIMサービスの顧客満足度(MMD研究所データ)

 データ通信品質・安定性については大手キャリアに負けていません。昨日は渋谷に行っていたんですが、大混雑したスクランブル交差点付近でも、4G回線はバリバリ通じていました。

 

そして何より満足しているのが安さ。私のデータをお見せしますね。

ぴったりMプラン


契約は「ぴったりプランM」。2,980円/月、無料通話最大120分/月、データ容量最大9G/月で、データ容量については増量オプション(月額500円)を付けています。しかも新規契約の場合、増量オプション2年間無料キャンペーンがあって、この500円も2年間タダなんですよね。なので私が払っている料金はこんなに安いんです。

14カ月目からはプラス1,000円になるのも、「スマトク割/長期利用割引」「イチキュッパ割」を使うと、25カ月間1,000円割引になります。

UQモバイルの料金そしてUQモバイルが太っ腹なのは、余ったデータ容量が次月に持ち越せること。そこにデータ増量オプションまで加えて、しかも自宅ではWifiを使っている私は、ほら、データ残量がこの通り。全然減りません。

 

データ残量

 

電話はLINEを使ってるので、120分の無料通話分はほとんど残ってるし、これならSプラン(1.980円/月)に変更しても問題ありません。UQ家族割を使うと、2台目からはさらに500円引きだなんて安すぎます。

 

もっと驚いたのが、18歳以下の学生がいる家庭はファミゼロ学割が適用されて、家族も学生も3カ月間の基本料金がタダ。新中高生は5カ月間の基本料金がタダです。

 

ファミゼロ学割

 

そして損しないために大事なこと。【UQモバイル】 をネットで出来るだけ安く契約するには、公式サイトよりも正規代理店サイトを使いましょう。中身は同じで、SIMパッケージ料金3,000円や送料などの初期費用が無料になります。公式サイトや実店舗の購入には広告宣伝費がプラスされていますからね。それがない正規代理店で買うほうが安いのです。

 

しかも現金が返ってくる!開通から7ヶ月後末、通帳に下記のキャッシュバック(現金の振込)があります。WifiもUQモバイルにすればキャッシュバックはさらに増えるし、これでプランSにしておくと格安ですよね。

2019年6月2日まで

【UQmobile】 キャッシュバックの金額
  • 端末セット ⇒ プランL:13,000円 プランM:12,000円 プランS:11,000円
  • SIMのみ  ⇒ プランL/M:13,000円 プランS:10,000円(2018/07/26~)
  • BroadWiMAXをセットで申し込むと  +12,000円キャッシュバック

 2019年6月3日から

端末セット・SIM単体

 プランL:10,000円 プランM:9,000円 プランS:8,000円

初期費用無料キャンペーンは継続

 

そもそもWEB申し込みは待ち時間がなく、要らないオプションを引っ付けられる心配がないので、代理店での購入はメリットしか見当たらないんですよね。

 

デメリットは何かといえば、目の前にスタッフがいないこと。ネットだと専門用語が分からない、フリーSIMの差し替え方が分からないといった不安はあると思いますが、正規代理店ならメールでも電話でも、やり方を教えてくれます。

私の経験談「繋がらないmineoからUQ mobileに乗り換え|安くて速くてデータ容量も増えたのに驚きました」には乗り換えの手順も載せているので、真似すれば簡単にできます。

 

ただし、絶対に間違えちゃいけないのは、乗り換え前のSIMは何を使っているかをちゃんと調べること。そして今使ってる端末(スマホ)を使い続けるなら、その機種が使用できるかをチェックすること。分からない場合は代理店に質問しましょう。

下が正規代理店へのリンクです。電話番号はサイトの下段にある会社概要を見ると、0120から始まる無料通話番号が載っています。

 

【 モバイル正規代理店サイト 】

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

 

もし正規代理店には欲しい端末がない場合、事務手数料はかかりますが、UQモバイルの公式サイトからの申込をおススメします。iPhone6s、iPhone7もあります。

iPhone7(32GB)を24回の分割払いで購入した場合、初期費用(SIMパッケージ料金)が3,240円。スマトク割・イチキュッパ割・マンスリー割が適用されて、プランSだと1年目の月額料金は4,082円です。

 

iPhone7

 

【  UQモバイル公式サイト 】 

iPhone用格安SIMなら【UQモバイル】

 

 Docomo、AU、SOFTBANKの3大キャリアを使ってる友人たちは、みんな1万円ぐらい使用量を払っていると聞いてびっくり。品質は同程度なのになぜフリーSIMに乗り換えないのか不思議です。

テレビで盛んに流れているCMなどの広告宣伝費までユーザーが払ってあげる必要はないのですから、格安フリーSIMで快適なスマホライフを手に入れてくださいね。