大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代からの高見え大人カジュアルコーデ|若見えエイジングケア美容

日焼け止めの化学物質は体内に吸収される!? 安全な酸化チタンの日焼け止めでおススメは?


シミ・シワ撃退に向けて頑張っている私にとって、紫外線は大敵です。お出かけ前に日焼け止めは欠かせないのですが、恐ろしい記事を見つけてしまいました。「日焼け止めの化学物質は体内に吸収され、血液中に流れ込んでいた:米当局の臨床試験から明らかに」というWIREDの記事です。

 

wired.jp

引用すると、日本でいえば厚労省にあたるアメリカのFDA(米食品医薬品局)が、市販の日焼け止めに配合される紫外線防御剤が、皮膚から体内に吸収されているという論文を発表したというのです。

ただし、紫外線防御剤が体内に取り込まれると何の影響があるかは分からないので、害があると決まったわけじゃありませんが、その「分からない」が不安材料でもあります。

 

日焼け止め

 

過去にFDAで承認済みの紫外線防御剤16種類を再審査したところ、これまでに安全性と効果が確認されたのは酸化亜鉛および二酸化チタンだけだそうです。

 

恐ろしくなって自分が使っている日焼け止めの全成分表をチェック。そして主成分が「酸化チタン」「酸化亜鉛」なのを見てホッとしました。去年の夏に見つけてから愛用しているのは、天然由来成分でSPF50+ PA++++を実現している「エバーピンク サンスクリーンα」。今年の夏もこれと決めていたので、安全性には核心を持ちたいのです。

 

ペネロピムーン[エバーピンク]

ペネロピムーン[エバーピンク]欲ばりサンスクリーンα【送料無料】

 

紫外線・近赤外線対策に使用している成分は「酸化チタン」。地球上のいたるところに存在し、食品の色付けにも使用されている安全な成分で、コスメではノンケミカルな日焼け止め(紫外線散乱剤)の仲間に入ります。

「酸化亜鉛」も紫外線散乱剤。肌への安全性が高いことで、古くからおしろいに使われてきたポピュラーな成分です。

 

嬉しいことには、保湿しながら大気汚染やPM2.5から肌をガードしてくれる、大豆から製造された水溶液のビオサッカリドガム-1が入っています。

 

エバーグリーンの全成分

 

下の写真が塗ってみたところ。「エバーピンク」という名の通りピンクっぽいベージュですが、広げると肌に馴染んで、色が分からなくなります。CCクリームとして使えるんですよね。プロのヘアメイクさんが監修した肌色補正効果のある色だそうです。

 

CCクリーム

CCクリーム

肌色補正効果

肌色補正効果

こちらが「エバーピンク サンスクリーンα 」だけを塗ってメイクした顔です。すっぴんっぽくて、でも艶と明るさが出て、アラがちゃんとカバーされてます。

 

2019年5月撮影

2019年5月撮影

どんな機能があるかというと、下の8点です。ユキノシタエキス、マグワ根皮エキス、オウゴン根エキス、カミツレ花エキス、ビルベリー葉エキスといった天然の潤い成分が保湿してくれるので、ツヤ肌になるんです。

  • UVカット
  • 化粧下地
  • コンシーラー
  • 毛穴カバー
  • カラーコントロール
  • CCクリーム
  • 美容液
  • ブルーライト対策
  • 大気汚染対策

 

ホッとする材料を再確認しました。詳しくは美容サイトに、去年の夏にまとめた記事がありますのでご覧ください。

 

www.younger10.net

購入方法は、毎月お届けコースで初回限定価格2,673円(税込・送料無料)。2回目以降は2,376円(税込)ですが、いつでも休止・変更は可能です。

世界8カ国で累計60万個を突破した超人気商品なので、製造が間に合わないほどのフル回転だそうで、次回の入荷は5月16日(木)です。入荷次第の順次発送ですから、欲しい方は早めに申し込んでリーチをかけておいた方がいいでしょう。

 

↓ 公式サイトです ↓

エバーピンク サンスクリーンα