大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

お知らせ!DoCLASSEではMAX12,000円OFFのWEEKLY SALE を開催中。マジカルサーモ リバーシブル・ウールコート/ノーカラー (定価22,900円)は、2020年1月23日まで10,900円になっています。

デニム・オン・デニムが流行しそう? 30年前のデニムジャケットをコーデしました


上下デニムの着こなしをカナディアン・タキシードって言うんですね。ミラノ・ファッション・ウイークを取材したWWD JAPANの記事によると、デニム・オン・デニムのコーデがあちこちで見られたようです。

 

www.wwdjapan.com

 ダンガリーシャツやGジャンにジーンズのコーデは、私が高校生のころから大好きなスタイル。おしゃれが下手だった当時は田舎の女の子みたいでしたが、それから数十年が過ぎた今なら年季を入れて着こなせます。

 

 今年の4月にLEVI'S(リーバイス)で購入した「デニムトラッカージャケット」は、色がライトインディゴ。素肌に1枚で着て、リーバイス701を履いたデニム・オン・デニムをしていました。ブルーノマリのミュールを履いて、大人の女コーデです。

 

リーバイスのデニムトラッカージャケットと701のコーデ

デニムトラッカージャケット TRUE RINSE

LEVI'S®MADE&CRAFTED™ 701 セルビッジ MEDIUM STONEWASH

 

デニムジャケットはプチプラだと3,000円ぐらいで買えますが、ジーンズ同様に「育てて」着たいので、信頼できるブランドで買います。昔ながらのリーバイスのタグが付いているのを見ると、大切に着ようと思う愛着心が湧いてきます。

 

リーバイスのタグ

 

秋冬の今は、ドゥクラッセ(DoCLASSE )の「プリントシフォン・シャーリングブラウス」6,990円で甘辛ミックスに。ブラウスの柄から一色抜き出して、ピンクのパンプスを履きました。

 

リーバイスのデニムジャケットとドゥクラッセのブラウス

 

プリントシフォン・シャーリングブラウス

プリントシフォン・シャーリングブラウス

 

 

 

カナディアン・タキシードという言葉を知って、ひらめいたのがクローゼットにずっと仕舞っておいたデニムのテーラードジャケット。アクアスキュータムで買って、30年も取ってあります。

 

アクアスキュータムのデニムジャケット

 

捨てられなかった理由はデザインの良さとディディール。アクアスキュータムらしい色のチェックが裏に使われていて、チラリと見えたときにおしゃれなのです。

 

ディティールの細かさ

 

テーラードのデニムジャケットは昔の流行なのか、さすがに着ている人は見かけません。でもひょっとしたら盛り返すかもと、今っぽいコーデを考えました。

中に着たのは、ドゥクラッセ(DoCLASSE )のサマーセールで買った「ピュアコットン・ベーシックシャツ」のマゼンダ。青みがかったピンクはブルーデニムに似合うはずです。

 

デニムのテーラードジャケットとピュアコットン・ベーシックシャツ

ピュアコットン・ベーシックシャツ

 

やさぐれた雰囲気にならないよう、シャツのボタンは一番上まで留めて、裾はジーンズの上に出すカジュアルコーデにしました。ベルトをするとダサいので、ネイビーのカシミアニットを腰に巻いて、パンプスもネイビーのスエードを履きます。

30年前に買ったのも、この春に買ったのも、デニムジャケットは違和感なく通用することに驚きました。中に着るものをいろいろ工夫すれば、新鮮なコーデになりそうです。

 

追記:パーカをプラス

Twitterのリツイートで、パーカーとデニムジャケットの組み合わせというアイデアを頂きました。その手があった!とさっそくトライ。GUの定番「スウェットプルパーカ」のLサイズを中に入れました。裏起毛タイプで厚みがあるし、シルバーの金具がアクセサリー代わりになります。

上半身がたっぷりした分、ジーンズはLEVI'S「501 CROP」でタイトに。パンプスもパーカと同じグリーンにして、おしゃれしている意識を前に出しました。

 

GUのパーカとのコーデ

501 CROP SHOT IN THE DARK