大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

リアルファーから軽いエコへ|重たいコートは時代遅れで老け見えする


どれだけ高価なお洋服でも断捨離しなきゃいけないときが来ます。ウォーキングクローゼットの整理をしながら、取っておいても着ることはないと悟ったのは、ムートンコートと毛皮のコートです。

 

下の画像はiBluesのムートンコート。数年前にみんなが着ていたモコモコのタイプとは違い、革は柔らかく、襟や袖口の羊毛は上質です。若い人が着たら似合うかもしれません。

 

iBLUESのムートンコート

 

なぜ私がこれを着たくないかと言うと「重い」から。人生に重みのある年齢なので(笑)、コートまで重たいのを着ていると、昭和を引きずっているように見えるのです。ムートンブーツは防寒用に普段使いできても、ムートンコートは肩が凝って疲れちゃいます。

 

ur's(ユアーズ) の「フェイクスエードカットオフノーカラーコート」に替えてみましょう。ムートンコートに比べたらお値段は1/30ですが、ずっと若々しく元気に見えます。色がピンクだからだけじゃなく、「軽さ」が今っぽいのです。

 

フェイクスエードカットオフノーカラーコート

 

同じことが言えるのが毛皮のコート。買って2~3回しか着ていないROTINYのコートは、今じゃリサイクルショップで1万円程度です。いったい何匹のミンクが犠牲になったかと思うと、どんなに寒くても着たくありません。

 

ミンクのコート

 

リアルファーの時代は終わり、今は薄くて軽いハイテク素材がトレンド。ドゥクラッセ(DoCLASSE ) の「マジカルサーモ・フードコート」を着てみます。やっぱり軽いほうが若々しいですね。解放感があるし、たぶん暖かさもこちらが上でしょう。

 

マジカルサーモ・フードコート

マジカルサーモ・フードコート

 

リアルからエコへ。DoCLASSEのコート特集で、欲しいと思ったのは「エコムートン・ファーコート」。オーソドックスなステンカラーで、オフホワイトが上流階級のマダムを思わせます。

 

エコムートン・ファーコート

エコムートン・ファーコート  19,900円

 

素材はポリエステル100%で、これほど滑らかな毛並みがフェイクファーで実現できることに驚きました。

 

滑らかな毛並み

 

端の処理は切りっぱなしでムートンっぽいのに、機能的なハイテク素材ならではの着心地が癖になりそう。

 

エコムートン・ファーコート

 

そして、ゴミに出すには気が引けるムートンコートとミンクのコートは・・・。運が良ければブランドの買い取りショップが受けてくれるかもしれません。安いのは覚悟ですけどね。

 

洋服買取のブランデュース で取扱いブランドを検索したら、iBluesとROTINYが入っていました。商品を無料宅配キットに積めて着払いで送り、査定で買い取りがダメだった場合は、寄付か返却かを選べるのだそうです。年末の大掃除で他にも要らなくなったお洋服が出るでしょうから、ドサッと送ってみるのもアリかなと思います。

 

↓ ブランデュースの公式サイト ↓