大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

免疫力アップレシピ|長寿と美女の国ギリシャ・クレタ島のキヨエオリーブオイルで美容和食


ストレスが溜まる日々が続くと、高血圧になったり、免疫力が落ちてウイルスに感染しやすくなります。

私が食生活で心がけているのは、ビタミン豊富な野菜と良質なタンパク質を摂ること。調理にはポリフェノールが多く含まれたエクストラバージンオリーブオイルを使用します。抗炎症作用や抗酸化作用があり、アンチエイジングと生活習慣病の予防にも役立つからです。

 

kiyoeオリーブオイル

純度100%の高級オリーブオイル【キヨエ】

今日はキヨエ の最高級エクストラバージンオリーブオイルを使って、2皿の料理を作りました。「和風アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノの冷ややっこ」と「春キャベツと新ショウガの温サラダ」です。レシピは後ほどご紹介します。

 

和風アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノの冷ややっこ

 

春キャベツと新ショウガの温サラダ

和食に使える繊細なバージンオリーブオイル

父の高血圧が遺伝している私は、塩分は控えめにして、パンに付けるのもバターじゃなくてオリーブオイル。それも純度が高くてオレイン酸が豊富なバージンオリーブオイルにしているのですが、コーヒーや納豆にも混ぜるので、あまり青臭いのは苦手です。

 

薦められたのは、料理人・道場六三郎さんが「醤油やお出しなどと合わせやすい」と絶賛している、ギリシャ・クレタ島のキヨエ・オリーブオイル。それは日本人用の味を作るための生産者と連携しているからだとか。微香性とでも言えるような繊細でフルーティーな香りで、食材の持ち味を邪魔しないオイルなのです。

 

キヨエ・オリーブオイル

 

世界長寿国のギリシャ・クレタ島に美人が多い理由

ユネスコの世界文化遺産に登録された「地中海式食事方法」で有名なギリシャは、年間のオリーブオイル消費量が1人につき31リットル。全ての調理にオリーブオイルを使うギリシャ・クレタ島は、心臓病の発生率が極めて低いことで知られています。

下のグラフで日本と比較してください。食事で摂る脂肪の量は日本の4倍なのに、心臓病の発生率は2/5です。

 

摂取する脂肪の量と心臓量の発生率

摂取する脂肪の量と心臓量の発生率

クレタ島のオリーブ

クレタ島のオリーブ

血液がサラサラになると血管年齢が若返るので、お肌が美しくなります。オリーブオイルを欠かさないギリシャには美人が多く、絵映画「007 スカイフォール」のボンドガール、トニア・ソティロポロスもギリシャ人です。

野菜ジュースにキヨエ・オリーブオイル を大さじ1杯入れて飲むのは、世界の美容通には有名なんだとか。

 

トニア・ソティロポロス

トニア・ソティロポロス 出典 www.aceshowbiz.com

 

私はエクストラバージンオリーブオイルを毎日使うので、ボトルのラベルは厳しくチェックします。キヨエは純度100%で、大さじ1杯あたりオレイン酸が10gも入っています。しかもコールドプレス製法。これって純石鹸と同じように、手作りで何カ月もかかるんですよね。

 

キヨエオリーブオイルのラベル

 

下の図はオリーブオイルのコールドプレス製法。完熟した実だけを収穫して、その日のうちに絞ります。これを最低3カ月以上寝かせておくと、オイルが上澄みとなって分離するので、何も加えずに上澄みだけを瓶詰めします。

一般的なオリーブオイルと違うのは、活性炭素フィルターを通さないこと。抗酸化物質のポリフェノールなどの健康成分がそのまま瓶詰めされるのです。

シンプルなコールドプレス製法

シンプルなコールドプレス製法

 

 

バージンオリーブオイルを使ったレシピ

和風アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノの冷ややっこ

お料理にボトルから直接振りかけるのも好きだけど、私なりに調理したレシピをお見せします。

テーブルに置いておく調味料として、和風アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ(ニンニクと唐辛子のオイルソース)を作りました。ニンニクと唐辛子は免疫力アップと高血圧予防のために毎日食べているんですが、ダイエットになるし、お肌も元気になるんです。

 

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

具材はニンニク1玉と鷹の爪、そして和風にするため昆布を入れます。出しがでるので、料理の塩分を少なくしても美味しく感じるんですよね。

 

和風アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノの材料

 

ニンニク1片につき鷹の爪1本が基本ですが、ニンニクが大きかったので今回は鷹の爪も多くしました。

 

ニンニク、鷹の爪、昆布

 

ニンニクは薄切りにして、中心の芽を取り除きます。鷹の爪は種を出して、昆布はハサミで四角く切っておきます。

 

材料を下準備

 

鍋にたっぷりのキヨエ・オリーブオイルを入れて、具材を投入。弱火で温めます。

 

鍋に材料を入れたところ

 

ニンニクがきつね色になったら火を止めます。

 

きつね色になったニンニク

 

放置しているあいだに焦げないよう、具材とオリーブオイルは別々に冷まします。

 

別々に冷ます

 

オイルが冷えたのを確認したら、両方を保存瓶に入れておしまい。いつでも食べられるよう食卓に置いておきます。

 

保存瓶に入れたところ

 

今日は冷ややっこに小ねぎを刻んだのを乗せ、和風アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノと、お醤油を少々かけました。ニンニクも数枚食べます。

 

和風アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノの冷ややっこ

 

お豆腐をお箸で割ると、オリーブオイルが中に染みています。お酒はワインでも日本酒でも合いますよ。

 

拡大した画像

 

春キャベツと新ショウガの温サラダ

柔らかい春キャベツが手に入ったので、数枚はがして、みずみずしいうちにサラダにします。

 

春キャベツ

 

キャベツは食べやすいサイズに手で千切ってお皿に。ラップして、電子レンジで少しの時間だけチンします。新ショウガはみじん切り。

 

キャベツとショウガの下ごしらえ

 

小鍋でキヨエ・オリーブオイルと刻みショウガを弱火で熱して、塩をお好みの量、振り入れます。

 

オリーブオイルとショウガを入れた鍋

 

 火の通り方もお好みでOK。私はシャキシャキ感が残る程度にしました。

 

弱火で熱する

 

軽くレンチンした春キャベツに、熱したオイルとショウガをかけます。黒コショウを振って、温かいうちに召しあがれ。

 

春キャベツと新ショウガの温サラダ

 

朝食前に大さじ1杯を飲んでお腹すっきりに

エキストラバージンオリーブオイルは、生で毎朝大さじ1杯飲むのもおすすめ。腸のぜんどう運動が活発な時間帯なので、お腹スッキリをサポートしてくれます。

 

私が使い始めたギリシャ・クレタ島のキヨエ・オリーブオイルは、1本250mlで1,280円(税抜)。キヨエ公式オンラインショップ で購入できます。食卓に置いておくのにちょうど良いサイズだし、和洋中のどんな料理にも合うのがメリット。5,000円以上の購入で送料無料になります。

 

キヨエ・オリーブオイル

 

 美容に最も大事なのは、毎日の食習慣。お洋服はファストファッションで安く買っても、家での食事は手抜きしません。新鮮で栄養豊富な食材を調理して、インスタントの調味料は買わないことにしています。

 

ドレッシングもエクストラバージンオリーブオイルとお酢、塩、コショー、すりおろしニンニク少々で作ります。ボウルに入れてシャカシャカ混ぜるだけなので超簡単ですよ。