大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

デニムジャケット(Gジャン)は流行に左右されない定番アイテム|長く着られる上質な生地を選ぶ


気温は低くても日差しは暖かい。ふんわりとしたスカートを履いて、早春コーデで出かけたくなりました。

OandI【オーアンドアイ】 で入手した「ペイズリープリーツスカート」は、細かいプリーツの裾がフレアになったフェミニンなスタイル。パンプスを履くと昭和レトロな雰囲気になるので、コーデを一考する必要があります。

 

ペイズリープリーツスカート

ペイズリープリーツスカート

 

飽きてきた重たいコートの代わりに何を羽織るか、しばらくご無沙汰していたデニムジャケット(Gジャン)が気になるのです。また流行が戻ってくるのかもしれませんね。

 

私が愛用しているのは、1990年代のヘルムートラング。古着ショップでは今も人気アイテムです。

 

ヘルムートラングのGジャン

 

そして2年前の春に入手したLEVI'S(リーバイス) の「デニムトラッカージャケット」です。レングスの短いタイプが欲しくて買いました。

 

リーバイスのGジャン

 

Gジャンは大好きなのでいろいろ集めていたのですが、GUなどで買ったファストファッションのタイプは全て断捨離しました。履きながら育てるデニムパンツと同様に、上質なものを長く大事に着たかったからです。

 

下の記事を読むと、リーバイスの定番Gジャンがどう進化してきたかが分かります。

oceans.tokyo.jp

さて「ペイズリープリーツスカート」に、まずはリーバイスのGジャン。黒いタートルニットをスカートにウエストインして、ショートブーツを履きました。上半身をタイトにすると、足長効果が狙えます。そのままでは寸胴に見えるゴムウエストは、Gジャンのハードな生地で隠せば、細見え効果。

 

リーバイスのGジャンとペイズリースカートとのコーデ

 

次はヘルムートラングのGジャンです。濃いネイビーに映えるよう、ニットから白Tシャツにシフト。シューズはニューバランス(New Balance)で買ったビビッドな青いスニーカーです。白いスニーカーを履くと当たり前すぎるので、わざと外して若々しくしました。

 

春っぽいコーデ

 

ロングワンピースもGジャンに似合います。スラッとした効果が望めるティティベイト(titivate )の「フレンチスリーブロングニットワンピース」(ブラック)には、視点を上に持ってくるため、スタイルストア で買ったSTELLA CIFFON(ステラシフォン)の「チェコビーズネックレス」を。こちらも外しテクニックで、シューズは黒のスニーカーにしました。

 

Gジャンとワンピースのコーデ

フレンチスリーブロングニットワンピース

STELLA CIFFON/チェコビーズネックレス

 

リーバイス デニムジャケット(Gジャン)の中からおススメなのは、Levi's RED Collectionのシンプルなタイプ。肩が落ちて丸みが出るので、女っぽく着こなせます。季節やトレンドに左右されないアイテムとして、これからもGジャンはファッションの定番だと思います。

 

Levi's RED CollectionのGジャン

Levi's RED - LR WMNS TRUCKER MIDDAY BREAK