大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

65歳がすっぴんでいられる薬用美白美容液|Braterホワイトエッセンスで簡単・コスパ良しのケア


美肌作りに欠かせない美容液は、季節にあわせてシフトします。紫外線量が急増する春からは、ホワイトニングがメイン。3月に入ってすぐ使い始めたのが、美白、保湿、アンチエイジングを同時に叶える医薬部外品成分をたっぷり配合した美容液です。「Brater薬用美白美容液」を朝晩15日間、シニアの肌で使用してみたレビューを書きますね。

 

Brater薬用美白美容液

Braterホワイトエッセンス

真っ黒に日焼けしてシミだらけだった40代

「歳を隠すのをやめました」というタイトルの通り、ブログで私は年齢を正直に書いております。昭和30年生まれで現在65歳、女優の田中裕子さん、歌手の郷ひろみさんと同い年です。

 

海のそばで育ち、釣りやヨットが趣味だったせいで紫外線を浴びまくり、40代でも1年じゅう真っ黒に日焼けしていました。茶色い木目の壁をバックに立つと、どこにいるのか分からないと笑われたものです。

 

ヨットで日焼けしていた頃

 

焦って日焼け止めを塗るようになったのは50歳を過ぎてから。浦島太郎じゃないけれど、時代の流れに気づいたら、女性たちは白い肌を競い合っていましたからね。それからは自力でシミを消すために、美白の医薬品やコスメを試しまくりました。

 

私は昔から洗顔の後にスクワランオイルを塗るだけの美容法だったので、そもそも肌のお手入れが得意じゃありません。デパートの化粧品フロアは呼び止められるのが怖くて、いつも速足で通過しておりました。

 

元悪役プロレスラー・ブル中野さんが美魔女になった秘訣とは?

ズボラな性格のため、この年齢になっても石けん洗顔の後に使うスキンケアコスメは3アイテムのみ。化粧水、ヒトプラセンタジェル、季節に合わせた美容液です。

 

カサカサに乾燥する冬が終わったので、これからは美白をメインに、保湿もしてくれる美容液が必要。欲を言えば目尻のシワにも効きそうなのが欲しいと思っていたら、「Brater薬用美白美容液」の紹介を見つけたのです。

 

「伝説の元悪役プロレスラー・ブル中野さんが美人になった秘訣」という文言を見つけてクリックしたら、下の広告が出てきました。

 

Brater薬用美白美容液

 

52歳にして美魔女と呼ばれる存在になったと、サイトには単独インタビューの動画も載っていました。プロレスラー引退後は j:comのパーソナリティー、プロレス解説者、中野区観光大使として美貌を振りまいておられます。

 

ブル中野さん

 

ブル中野さんが習慣にしている朝晩のお手入れは、化粧水のあとに「Brater薬用美白美容液」をつけるだけという簡単なもの。どんなに忙しい朝でも間に合います。医薬部外品なので「美白」(メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと)を堂々と明記できるコスメは信頼性がありますね。

 

信頼している有効成分に惹かれて購入

コスパ主義の私は、高級コスメが苦手。もったいないのでチビチビ使うと効果が感じられず、使用期限が過ぎてしまいます。なので、興味津々な「Brater薬用美白美容液」を買うにあたり、まずチェックしたのはお値段。

 

通常価格8,788円(税込)が、初回限定で2,178円(税込・送料無料)でした。よく見ると定期便ですが、もっとよく見ると6月30日までの特典で、30日間の返金保証があって、いつでも休止・解約可能となっています。

 

 

よくあるタイプの広告だと思ってスルーしようとしたのですが、私が信頼している有効成分の名前が目に飛び込んできたのですよ。

それはトラネキサム酸。人工合成されたアミノ酸です。頬の肝斑を治療するため、トラネキサム酸の内服薬を個人輸入で取り寄せて、朝夕1カプセルずつの服用を続けています。

 

トラネキサム酸

 

トラネキサム酸を知ったきっかけは、美容皮膚科に行ったときに処方された医薬品だったからです。こんなのが効くのかな?と怪しんでいたら継続は力なり。飲んでいるうちに肌の透明感が増してキメが細かくなってきたので、今は欠かせなくなりました。

 

美白と言えばトラネキサム酸というほどに有名な薬ですが、ビタミンC誘導体と一緒にイオン導入する場合の外用にも使用されているのだとか。オリジナルの美白化粧水を売っている美容皮膚科が多々あります。

さらに「Brater薬用美白美容液」には、トラネキサム酸との相乗効果を狙った人気美容成分も配合されています。これなら買ってもいい!と思いました。

  • グリチルリチン酸ジカリウム ⇒ トラネキサム酸と相性のいい医薬部外品指定成分
  • ビタミンC誘導体×プルーン酵素分解物  ⇒  美白相乗効果を期待
  • トリプルヒアルロン酸処方  ⇒ 修復型・吸着型・浸透型のヒアルロン酸3種による保湿効果を期待

 

ブランドコスメに匹敵する高級成分を配合

届いた美容液は外箱・容器ともシンプルそのもの。ISO9001認証を取得した創業27年の国内化粧品メーカーが作っています。派手なパッケージなど必要なく、中身で勝負することにこだわっているんですね。

 

外箱と容器

 

配合成分をチェックしました。美白剤として医薬部外品だけに使用が許されている成分の「党参抽出物加水分解液」、「アルピニアカマツマダイ種子エキス」が入っています。細胞核の変形を抑制し、メラニンの過剰分泌を防いでくれる注目成分が入っているとは、何万円もするブランドコスメに匹敵すると思いました。

 

配合成分

 

肌への負担になる着色料、合成香料、鉱物油、パラベン、シリコン、紫外線吸収剤などはもちろん配合されていません。

 

使用方法は超簡単!少ない量で済むのでコスパ良し!

 外箱の説明を見て、いちばん不思議に思ったこと。「洗顔後、1~2滴をお顔全体になじませてください」という使用方法です。たったそれだけの量でいいの? 他に何も塗らなくていいの?と、半信半疑で使うことにしました。

 

使用方法

 

キャップを開けて、スポイトを摘まんだら出てくるのは、とろみのある無色透明無臭の液体。粘りがありすぎて、1滴を手のひらに落とすのには時間がかかります。

 

スポイトで出したところ

手のひらに取ったところ

 

たったこれだけの量?と思いながら、顔全体に広げました。この手の美容液ってヌルヌルして、いつまでも肌に残っているものが多いんですが、「Brater薬用美白美容液」はあっさりと浸透して、しかもその後に保湿を要求しません。はじめのうちは2滴つけていたのが、1滴で充分と思うようになりました。めちゃコスパがいいです!

 

 

 6つの悩みを解消してくれるエイジングケア

どんな方に使用をおススメするか、サイトから引用しますね。エイジングで悩んでいる人に当てはまるようです。

Brater薬用美白美容液をおススメしたい方

  • 肌に透明感がなく、くすんでいる(メラニンの蓄積)。
  • 年々色が黒くなってきている。
  • 目元が気になる。
  • 実際の年齢より上に見られる。
  • 肌がカサカサしてきた。
  • 日焼け止めを塗っても、シミが増える。

 

朝晩15日間使用した肌をすっぴんで公開

さてさて、3月初めから15日間使用した肌をお見せしますね。65歳のすっぴんですが、勇気を出して大きく載せます。アラを隠さない無修正。

 

Brater美容液を15日間使用した肌

 

画像を見て我ながら驚いたのは、シミの抑制だけじゃありませんでした。目尻のシワが目立たなくなってるし、鼻に目立っていた毛穴の開きが激減していること。

塗るのはお手入れの最後にゆっくりじゃなく、ガーッと雑に広げただけなんですよ。こんなに楽ちんの美容液は初めてです。

さらに7時間が経過。3月が繁忙期の私は徹夜が多いのですが、美容液の効果でしょうか、例年ほど疲れが肌に出ていない気がします。今年はすっぴんでも出歩けるんじゃないかと自画自賛したくなりました。

 

すっぴん

 

すぐに確認したのは定期購入のシステム。シミ・毛穴・シワ対策として、継続使用したら幾らなのか、2カ月以降は定価の25%OFFで、毎月1回のお届けとなっています。休止・解約はいつでも可能ですから、家計がピンチのときでも安心。

 

何だろうと思ったのは、定期便2回目には4,000円相当、4回目には5,500円相当のプレゼントがあること。誕生日にはBIGプレゼントがあるそうで、サプライズが楽しみです。

 

Brater薬用美白美容液

Braterホワイトエッセンス