大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

暑苦しい不織布マスクから解放!洗えてファンデが付かない布製冷感マスクは公的機関でエビデンスを取得


ついに関東も梅雨明けで猛暑が到来。マスクをして歩いていると、蒸れて息苦しくなってきます。「これじゃ熱中症になりそう」と、不織布と同等のフィルター性能を持つ、接触冷感マスクに替えることにしました。

ウイルス・細菌・飛沫・花粉を99%ブロック。繰り返し洗ってもフィルター機能が維持される「接触冷感マスク COOLMAX21(クールマックス)」です。

 

接触冷感マスク COOLMAX21(クールマックス)

接触冷感マスク COOLMAX21(クールマックス)

アベノマスクと比較して薄さにビックリ!

発売よりわずか1か月で、販売枚数30万枚を突破したという人気ぶり、実物を見て驚くのは生地の薄さです。それなのに紫外線遮断率はUPF50+もあります。

 

 COOLMAX21(表)

 

ガーゼが4重構造になったアベノマスクと比較しました。まるで冬物と夏物の差です。

 

上:アベノマスク 下:COOLMAX21

上:アベノマスク 下:COOLMAX21

上:アベノマスク 下:COOLMAX21

上:アベノマスク 下:COOLMAX21

ファンデと口紅の移り方を不織布マスクと比較

マスクを長時間つけていると、気になるのはファンデが移って内側が汚らしくなること。特に汗をかく季節には困ります。

 

不織布マスクとCOOLMAX21への化粧品の付き具合を、近ごろ愛用しているファンデとリップでテストしました。医薬部外品のシワ改善ファンデ【リンクルケアファンデーション】 LINOKLE(リノクル)と、落ちにくくてマスクに付かないと評判の口紅「Fujiko(フジコ) ニュアンスラップティント」です。

 

メイク付きを比較した画像、上は不織布マスクで、下はCOOLMAX21です。蒸し暑い日中を1時間ほど歩いて、マスクにどれほどメイクの色が移ったかを調べています。

 

上:不織布マスク 下:COOLMAX21

上:不織布マスク 下:COOLMAX21

拡大するとよく分かります。不織布マスクは紐にまでファンデのベージュが移っていますが、COOLMAX21は口紅の色さえ移っていません。

 

上:不織布マスク 下:COOLMAX21

上:不織布マスク 下:COOLMAX21

シワ改善と美白成分が配合され、SPF47 PA+++の日焼け止め効果のあるファンデ「リノクル」と、発色効果とツヤ感で人気があるリップティント「Fujiko(フジコ) ニュアンスラップティント」については、それぞれ記事にしてあります。ブログにアップしている写真は今ほとんど、この2つを使っています。

 

【リンクルケアファンデーション】 LINOKLE(リノクル)

www.connoisseur12.com

Fujiko(フジコ) ニュアンスラップティント

www.connoisseur12.com

布製品トップクラスの冷感

着用しているほうが涼しいと評判のマスク、メイン素材はポリエチレンとアイスシルク。表裏ともすべすべして、肌に当てるとひんやりします。

COOLMAX21の素材

  • 本体:超高分子量ポリエチレン80% ポリエステル12% スパンデックス8%
  • 耳ひも部:ナイロン・ポリウレタン
  • アジャスター:シリコン

COOLMAX21の内側

COOLMAX21の内側

下のグラフは、触れた瞬間の冷たさを表す「Q-MAX値」の比較。COOLMAX21は業界最高水準の0.5以上で、布製品トップクラスの冷感です。他社の冷感マスクの平均温度が32.9度なのに対し、COOLMAX21は28.0度なのもスゴイ!

Q-MAX値の比較

Q-MAX値の比較

公的機関の検査でフィルター能力は不織布同等

 どんな素材のマスクであろうと、いちばん大事なのはフィルター効果ですよね。公的機関で検査を受けて、COOLMAX21のPFE(微粒子捕集効率)は99%、BFE(バクテリア飛沫捕集(ろ過)効率は99%と、不織布と同等でした。

PFE(微粒子捕集効率)99%

PFE(微粒子捕集効率)99%

BFE(バクテリア飛沫捕集(ろ過)効率

BFE(バクテリア飛沫捕集(ろ過)効率
 

 

繰り返し洗っても機能が落ちない耐久性

公的機関での検査は耐久性もマストです。20回お洗濯した後で、フィルター性能(フィルター性能試験)と形状の変化(寸法変化率試験)をチェックしました。どちらも素晴らしい結果です。

  • フィルター性能は新品時のグレードをそのまま保持!
  • 洗濯後の劣化はほとんど無し

 前と横からの見栄えをチェック!

私的に行った最後のチェックは見栄えです。どんなにアイメイクを頑張っても、不織布マスクがぶち壊してくれる問題を、COOLMAX21はクリアしてくれるでしょうか。下の画像をご覧ください。

 

ホワイト、グレー、ブラックの3色があるうち、今回はオーソドックスなホワイトをつけました。左下に入ったブルーのロゴが涼しげです。

 

COOLMAX21をつけたところ

 

男女兼用で、サイズは下の画像。口元をすっぽり覆ってくれて、アベノマスクのように度々ズレを直す必要はありませんでした。

 

サイズ画像

 

何度も洗って使えるマスクですが、洗い替えは絶対に必要。私は税込3,300円の5袋セットで、カラーはホワイト2・グレー2・ブラック1を注文しました。送料無料で、おまけにホワイトがもう1枚ついてくるんです。

単品での購入(税込660円)も可能。その場合はネコポス配送料385円がかかります。

 

5袋セットにプレゼントが1枚プラス

 

センターに継ぎ目のあるマスクは、「横から見るとカラス天狗みたい」と言う方もいらっしゃいますが、今となっては見慣れたフォルムですよね。でもこの出っ張りがある分、ペタッと張り付く息苦しさがなく、しかも薄くて冷たい生地なので、ムシムシする猛暑でも口回りだけが汗をかかずに快適!

おそらく9月末までは続く暑さを、6枚入手した「接触冷感マスク COOLMAX21(クールマックス)」で乗り切ろうと思います。

 

横から見たところ