大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

ダウンコートは着ないと決めたSDGsの冬|グレイヘアとパーカーに似合うコート3種類のコーデ


SDGsへの意識が高まったからでしょうか。この冬、全く着る気がしないのがダウン(羽毛)のアウターです。長く愛用してきたモンクレールのダウンコート2着も、ブランド品とは言え、動物愛護の視点で見ると遠ざけたくなりました。特にフードに毛皮が付いているタイプはダメです。

 

モンクレールのコート

 

ELLEのWEBサイトで「リサイクルダウンを選ぶべき理由」の記事を読んで、水鳥たちの不当な扱いを知りました。防寒の必需品だったユニクロのウルトラライトダウンも、リサイクルダウンジャケットに切り替えたいのですが、今のところ男女兼用の1タイプしか出ていません。

www.elle.com

脱リアルファーに決めたこの冬、メインに着るコートとして入手したのは、何度もお見せした以下の3着です。

 

コート3着

ドゥクラッセ(DoCLASSE )の「マジカルサーモ・グログランミドルコート」

パッと羽織って出かける防寒着として、冬がくるたびにアップデートしてきたマジカルサーモコート のシリーズ。今年はトレンチタイプの襟と、シワになりにくいグログラン生地が魅力の「マジカルサーモ・グログランミドルコート」(オレンジ)を選びました。一番上のボタンを閉じると、ステンカラーに変わるのも気に入っています。

 

マジカルサーモ・グログランミドルコート

マジカルサーモ・グログランミドルコート 14,190円(税込)

 

中に着るものとしては、ネックが寒くない「接結ストレッチ・フーデッドプルオーバー」が着やすくて、色違いで3色を持っています。

パーカーのフードをコートの外に出すコーデが好きなので、ネックがモサモサしないように、コートはフード無しタイプに。歳が行ったオバサンではありますが、少年っぽいスタイルで若々しく見せたいと頑張っております。

 

サイドスタイル

www.connoisseur12.com

ソージュ(SOÉJU )の「ウールボアコート」

普通に買ったら10万円は超える上質なウールのコートが、SOÉJU(ソージュ) なら3万円台で手に入ることに感激しました。最初は「ウールリバーコート」を考えているうちに、どんどんソールドアウト。SOÉJUのコートは限定品なので、在庫がないカラーは、今期の追加がないのだそうです。

 

ウールリバーコート

ウールリバーコート 30,800円(税込)

 

どうしよう~と悩みつつ、私はカジュアルとエレガントが兼用できるウール100%の「ウールボアコート」(BROWN)を選びました。

ウールボアコート

ウールボアコート 35,200円(税込)

 

カジュアルコーデでは、フードを外に出せるノーカラーなのが決め手です。エレガントに着るなら、カシミアのストールを巻けば超ゴージャスになります。

 

ウールボアコート

www.connoisseur12.com

 

 

コカ(coca )の「キルティング ボア ロングコート」

ボアというネーミングが付いていても、大人のためのファストファッションストア「coca」のアイテムは全てプチプラです。

表地がマットなピーチスキン素材のキルティング、裏地がプードルボア素材になった「キルティング ボア ロングコート」(ブラウン)は、玄関のフックに掛けておき、コンビニやゴミ出しに行くときにサッと羽織ります。

 

青いパーカーとのコーデ

キルティング ボア ロングコート 4,290円(税込)

 

横から見ると、もっさりした感じですよね。これは裏地のプードルボア素材が厚手でメチャ暖かいからです。もちろんパーカーのフードと相性の良いノーカラー。

 

サイドスタイル

裏ボア

 

大雪が降って滑って転んでも、このコートなら破れたって惜しくないです(笑)。両サイドのボタン付きポケットは、500mlのペットボトルが入る深さ。手袋を忘れたときでも指が冷え冷えにならずに済みます。

www.connoisseur12.com

この冬用に選んだコートは全て濃いめのカラーで、インには明るくて若々しい色を着るようにしています。グレイヘアが進行中の今、白いコートを着ると「あの世の人」のように見える気がするので止めておく、せめてもの若作りですね(笑)。