大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

品格は時代に沿って進化する|昭和のファッションとヘアメイクから抜け出すために


コロナ禍でライフスタイルが変わってほぼ2年。昔は細かった自分の体型まで変わってしまい(笑)、溜め込んでいた細身のパンツをまとめて処分しました。今回のハルメクWEBには、老化したレッグラインをカバーするシルエットのパンツを載せています。

halmek.co.jpスキニーパンツを断捨離したのは今年の6月。下の画像に写っているのはごく一部で、デニム、ウール、スウェット等々、新品タグが付いたものまでサヨナラしました。半年が過ぎても、「しまった!あれを着たかった・・」なんて後悔は一度もしていません。

 

処分したスキニーパンツ

 

メンズファッションのエディターさんが書かれた下の記事に、私も激しく同意! 令和になる数年前からでしょうか、流行はルーズフィットにシフトしてきましたよね。すぐ終わると思っていたら、今はますますオーバーサイズが全盛です。

www.nikkan-gendai.com

昭和の「あの頃」に固執する人。70年代ファッションや、バブル期のボディコンでイケイケだった人ほど、身体にピタッとした服を着たがる傾向が見えます。

 

5年前の私も同類! ストレッチが効いたスリムパンツにムートンブーツを履いた画像を見つけましたが、イケてないっす(笑)。今の私がこの時代にタイムスリップしたら、「歳を考えろ!横から自分を写してみろ!」と叱りつけます。髪こそ真っ黒に染めて若見えしていましたが、代わりに失っていたのは「品格」でした。

 

5年前の画像

 

ハルメクWEBの記事に載せたのですが、歳をとれば太ももの筋肉が下がって、たるんだ肉のせいで膝が出てきます。若い頃から脚の細さに自信があっても、横から見るとおばあちゃんの老化脚になっているんですよね。

 

5年前の画像で着ているオールドイングランドのピーコートを羽織って、60代半ばでも大丈夫なパンツスタイルをお見せします。

 

ピーコートのコーデ

サイドスタイル

 

ピーコートの下に着ている服は、最近入手したSOÉJU(ソージュ) のアイテム。オーバーサイズのトップス「ミラノリブニットプルオーバー」と、チノパンっぽく着られるテーパードの「ダブルクロスセンタープレスパンツ」です。

どちらも身体に張り付ない適度の「ゆるさ」なのに肥って見えず、上質な素材が醸し出す「ハリ」と「影」が効いています。大人の品格を持つアイテムです。

 

コート下のコーデ

ミラノリブニットプルオーバー 13,200円(税込)

ダブルクロスセンタープレスパンツ 16,280円(税込)

 

 

 

大好きになったオーバーサイズのトラッド風コーデ。イケイケファッションだった頃の私が見たら「平凡すぎ!」と鼻で笑うかもしれませんが、きちんと計算された今のシルエットを着ているので、時代遅れ感はありません。

 

膝が出る体型になった年齢を自覚して、ハイヒールはコーデ画像を撮るときだけ。お出かけはほとんどスニーカーで、ファッション性と機能性、品格を重視したニューバランス(New Balance)を履いています。下の記事でおすすめしたのも、女性に一番人気の 996シリーズ ですicon

 

リーバイスの996白スニーカー

halmek.co.jp加齢のステップ・バイ・ステップ。3年前から白髪染めを止めた私は、髪の重みが頭皮に負担をかけるロングヘアも止めました。ショートヘアをかき上げて、薄毛になっていないことをちょくちょく確認しています。

 

ショートカットのグレイヘア

 

あとはどれだけ素肌を大事にしてシミ・シワから守るか、糖質抜きの16時間断食をサボらずに続けていけるか、アルコールに負けずにいられるか、ストイックな道は続きます。これこそボケない秘訣かもしれませんが、ちょっとつまらない???

 

それでも子どもの頃から憧れ続けていたファッション関係の道を得たのですから、ハッピーな人生だなと思っています。