歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

手持ちのアイテムを総動員してレイヤードする同系色コーデ

重ね着をする秋冬のコーディネートで、おしゃれ上級者に近づけるのは同系色コーデです。グレーや黒の無彩色を重ねたり、私が好きなのはブラウン系のグラデーション。ベージュ、オートミールカラー、ライトブラウン、ダークブラウンまで、持っているものを総動員してレイヤードします。

 

下のコーデはGAPのオートミールカラーのニットに、アバクロのマロン色のロングベスト、フォクシーのニットスカート。バックルに特徴のあるライトブラウンのベルトを合わせました。シューズもダークブラウンのブーツです。

 

そしてブラウンの同系色コーデにいちばんマッチするアクセサリーは真珠。ゴールドのアクセでもいいのですが、私はパーソナルカラーが冬なので、エレガントさを前に出します。

 

f:id:otona12:20171026012534j:plain

 

もう少し色が欲しいときには、大きめのストールを片方の肩に掛けます。両肩に掛けると、寒さ対策をしたオバサンっぽくなるので、あえて片側だけ。落ちないようにベルトに端を通します。

 

f:id:otona12:20171026012950j:plain

 

もっと寒くなったら、この上にボタンなしのコートを重ねます。

 

 

 

 

何十年も着ているエルメスのコートは、流行に左右されず、肥っても痩せても関係なし。圧縮ウールなので裏地がなくても暖かく、軽くて肩が凝らないのです。若かりし頃に清水の舞台から飛び降りる気持ちで買いましたが、充分に元がとれたアイテムです。

 

f:id:otona12:20171026013401j:plain

 

ストールを外してみましょう。私はこのほうが好きです。今回は忘れましたが、ボルドーっぽい口紅をつけると、一気に華やぎます。

 

f:id:otona12:20171026013727j:plain

 

同系色コーデを成功させるコツは、あまり色を統一しすぎないこと。グレー系とかブラウン系という縛りだけで、濃淡をいっぱいレイヤードしたほうがカッコよくなります。だからこそ着ないと思った服でも簡単に断捨離せずに、脇役として活躍する役目を与えてあげてくださいね。