歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

驚いたもの

繋がらないmineoからUQ mobileに乗り換え|安くて速くてデータ容量も増えたのに驚きました

電子機器には詳しいつもりでいたんですが、最近のスマホ事情は複雑難解です。私は2016年の秋、auの更新月が来たのに合わせて、SIMフリー(大手キャリア契約なし)のマイネオ(mineo )に変更しました。 電話番号とAQUOSのスマホ(SHL25)はそのままで、契約…

ついにZOZOスーツをゲット!試したけれどアプリが無反応で計測不可能の巻

ZOZOTOWNがプライベートブランドとして売り出した商品の第一号、ZOZOスーツがついに届きました。着用してスマホカメラの前に立ち、360度くるりと周ることで、身体の寸法をアプリに記録する近未来型の採寸スーツです。 私は1月に申し込んだのですが、時は遅し…

ウォッシャブル服と宅配クリーニングで節約ファッションライフ

ドアチャイムが鳴って宅配便かなと見に行ったら、以前よくお願いしていたクリーニング屋さんでした。「最近ご依頼がないので、もし何かありましたら」の御用聞き。ご無沙汰して申し訳なかったのですが、今は出すものがないのでゴメンナサイしました。 実は4…

エルメスのニットと編み方がそっくりな1,000円バッグ

サラダを作るのもためらうほど、野菜がとんでもなく高いですね。レタス1個が500円! 値下げしたGUのお洋服のほうが安かったりします。 OL・主婦向けのファッションサイト、メルヴィーユ(Merveile) というプチプラショップで、激安アイテムを見つけました。シ…

インフルエンザA型にかかりました

昨日からやたら足腰が痛くて、歩くとギクシャクします。 咳・くしゃみ・鼻水はないんですが、熱が上がって現在のところ39.9度。 何回測っても下がらず、40度を超えそうな気配です。 なんと生まれて初めてのインフルエンザ。 私はかからないと思っていたんで…

急ぐとき服選びに迷わない便利なワンピース

ハンドメイドのオートクチュール「Little France」のプレお披露目、今日が一区切りの記事です。似たような形でも、柄を変えると全く雰囲気が変わるのがワンピースの面白さ。シンプルな2点を着比べてみました。 ダマスク柄って言うんでしょうか、ヨーロッパ…

デコルテを強調する大人の艶っぽいワンピース

エステでメニューを選ぶとき、私はデコルテまでケアをお願いしています。女の武器としてデコルテは、歳を重ねるほど強調すべき場所。若い子が大きく胸を開けていると生々しすぎるのですが、妙齢になるとエッチっぽさが無くなるのは、適度な枯れ加減のおかげ…

ブレイクしそうな柄物ワンピースを発売前に着てみました

理想と現実とがすれ違う服ってありませんか? 私はダイアン・フォン・ファステンバーグのセクシーなラップドレスに憧れてきたのですが、購入する寸前で何度もあきらめました。理由はカシュクールになった胸の開き方。バストが小さい場合、ダボダボと布がたる…

ずーっと欲しかったブルーのチェスターコートを意外な店で発見

今年はまだ2カ月ありますが、この秋冬でいちばんと言えるお買い物をしました。まずは着たところをご覧ください。 大流行が予測されているチェスターコートです。お値段は幾らだったと思いますか? プライスタグを撮りました。4,990円です。GUの新商品「ウー…

おとなスタイル「フォトジェニックセッション」で久保京子さんに学ぶ

雨模様の10月21日(土)、すっぴんで電車に乗って文京区の講談社まで行ってきました。併設されたスタジオ棟でチャレンジしたのは、最高のポートレートを撮影する「フォトジェニックセッション」です。 頭の先から爪先までを変身させる「美」のプロたちが、私…

お尻とお腹の肉をショーツに押しこめるBLADELISの桃パンツ

スカートよりもパンツを履くことが圧倒的に多い私には、いつも気になっているのがお尻のライン。垂れ下がることは絶対に避けたいし、パンツのベルトの上に、お肉がブヨッとはみ出るのはもっとイヤ!! これまで補正下着は買うたびに失敗だったのですが、BLAD…

その2: 背中と脇のハミ肉を集めて美乳を作るBRADELISバストリフター

薄着のシーズンがくると、自分では気づかない身体のパーツを周りは見ています。私の場合は、背中と脇のハミ肉。どんな状態かは昨日のブログの中盤以降をご覧ください。恥をしのんで写真を載せています。 www.connoisseur12.com 普段はあきらめていても、パー…

その1: 背中と脇のハミ肉を集めて美乳を作るBRADELISバストリフター

私は周りから「細いね~」と言われるのですが、出てるところは出てるのです。どこがって・・・、背中と脇のハミ肉です( ;∀;) 薄手のニットやストレッチのきいたTシャツを着ると、ハミ肉がブヨっ。運動しても取れなくなったのは、加齢の証拠なんでしょう。で…

黒い服についたファンデの簡単な落とし方

昨日の記事にアップした黒のワンピース。たぶんフェイスパウダーだと思うのですが、白い汚れがついてるのに気付きました。脇のところにも制汗剤のパウダーが白く付着しています。 パウダーやファンデの汚れは、洗剤で拭いても取れません。以前はあきらめてク…

24歳もサバを読んだ若作りから見る美顔術

今週のニュースは、出資法違反容疑で逮捕された山辺節子容疑者の話題で持ちきりです。騙して集めた金額もさることながら、みんなが驚いているのは年齢と容姿のギャップ。実年齢62歳を38歳と偽って、しかも31歳の男性を囲っていたとは、奇跡のアンチエイジン…

お土産にワインを包むマル秘テクニック

自宅でお酒を飲まなくなった私は、友人宅にお呼ばれしたとき、戸棚のワインを持って伺うことにしています。割れないためのワインバッグが無くなったので、思いついたのは晒(さらし)の布に包むこと。仕上がりはこんなふうになります。 使うのは60cm角の薄手…

サラサラで絡まない髪になるイギリスのブラシ

美容院に行くといつも「髪の毛、細いですね~」と言われる私。もつれた内側の毛を解くのが大変で、ブラシ選びには苦労していました。豚毛のブラシは髪に艶が出ていいんですが、絡まった抜け毛を掃除するのが面倒なんですよね。 従来のブラシとは形が異なるタ…

ネットで簡単な宅配クリーニングを試しました

クリーニングに出そうと思いながら、放置していた夏物。近所のお店が不定期営業なので、機会を逸してしまうのです。衣類を宅配便でクリーニングに出せる「リネット」というサービスを利用しました。 ジャケットは750円、パンツは500円です。300円プラスして…

若見せポイントは髪の分け方と眉毛にあり

先週末、伸びすぎた髪を美容院でセミロングにカットしてもらいました。そのときはバッチリだったのに、いざ自分でブローすると昔のヘアスタイルに戻るのは何故なんでしょう。見慣れた顔に、長年やりなれた整え方が定着しているんだと思います。 スタジオで撮…

クエン酸だけでピカピカになった蛇口周り

いつも洗面台を使うたび、気になっていたのが蛇口の水垢です。メラミンスポンジでキュッキュと磨いていたのですが、時間がかかるし、傷がつくような気がします。 そんなときにネットで見つけたのが、クエン酸でパックする方法。私はシャンプーにマルセイユ石…

ブランド古着買取サービスで超がっかり・・・

要らなくなった衣料品をヤフオクに出そうと思いながら、まずはネットで目に留まったブランド古着買取サービスに出してみました。宅配便で届いた買取キットのバッグに詰めて送るだけというZOZOTOWNのサービスで、見積もり無料、返送も無料というのに惹かれた…

スマホを大手からSIMフリーに変えた経過報告

auを更新月に解約して、手持ちのスマホをマイネオ(mineo )のフリーSIMに変えてから、一か月半が過ぎました。カメラの性能が良くて気に入っている機種(AQUOS SERIE SHL25)なので、購入して2年が過ぎても買い換える予定はありません。メーカーによるソフ…

スマホで綺麗にイルミネーションを摂るコツ

昨夜はクリスマスイルミネーションを見に、丸の内へ行ってきました。試したかったのは、スマホのカメラでライトアップを綺麗に写すこと。目から鱗のヒントを得て、撮ったのが下の画像(丸の内仲通り)です。 夜景を写したとき、ぼやけた写真になりがちですが…

更新月にスマホをauからmineoにチェンジ

待ちに待った11月、auの2年縛りが解ける更新月が来ました。スマホはインターネットメールのGmailを使い、ezwebのキャリアメールは必要のない私にとって、SIMフリー(大手キャリア契約なし)に乗り換えるベストタイミングです。 今持っているシャープのスマ…

美魔女コンテストを観覧してきました

10月12日は、六本木ヒルズアリーナで開催された「第7回国民的美魔女コンテスト 最終選考会」を見に行ってきました。曇天の寒々しい天候でしたが、16時からスタートした1st Selectionのステージには美魔女たちが水着姿で登場。1500人の応募から選ばれた、35歳…

大人のメイク教室に行ってきました|Say若創り学教室から2年経過したメイクテク

この歳になって初めての、メイクアップのレッスンに行ってきました。Sayという会社が行っている「自分でできる 大人の化粧教室」、2時間3,000円のコース。40歳以上が対象で、老けて見えることから脱却するための「若創り」がテーマです。 後日談: 主催者の…

「写真を撮ってもらえますか」のお願いマナー

梅雨空に戻った昨日は、夕刻から東京湾のディナークルーズ。小雨の中を職業奉仕団体の納涼会に参加してきました。日の出ふ頭から乗ったのはシンフォニー・モデルナ号という大型船で、フランス料理とワインを楽しみながら100名ほどの宴会です。 デザートが終…

人間も鉢を替えれば生き生きする

もう咲かないと諦めていたスパティフィラムが、3年ぶりに純白の花(仏炎苞)を開かせました。一回り大きな鉢に植え替えたのが功を奏して、光沢のある葉がぐんぐんと成長しています。数カ月で倍のサイズになりました。 寄せ植えにしていたポトスも一緒に移し…

写真に撮られて気づくベストな笑顔

一昨日は写真の撮影があって、うだる暑さの中を都内まで出向きました。衣装を2パターン着替えて、アウトドアでの撮影だったのですが、ポーズを取っている最中にカメラマンに言われてドキッとした言葉があります。 「ぶりっ子スマイルはしないでね」 服の着…

ジェネリック家具に泣くカッシーナ

朝の情報番組を見ていてビックリすることがありました。ジェネリック医薬品ならぬ、ジェネリック家具というのが売れているんだそうです。有名デザイナーの意匠権が切れた名作家具を、他社がデザインを継承して低価格で製作した家具のこと。今まで手が出なか…