大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代からの高見え大人カジュアルコーデ|若見えエイジングケア美容

ネット購買意欲の高い女性の年齢は20代に限らないこと

スポンサーリンク

マイナス5歳肌という言葉、テレビCMでよく聞きますよね。私がもう一つ持っている美容ブログはタイトルが「Look 10 Years Younger」で、マイナス10歳の若見えを目指しております。

サバ読みすぎではなく、今は70代の女性であっても、自分は実年齢より若く見えると思ってる人がほとんどなのが分かりました。『70代女性が「自分は中年」と言う“なるほどの女心”』、毎日新聞の記事です。

mainichi.jp

ネットでは有料記事なので途中までしか読めませんが、ビックリした部分だけ引用します。60~75歳の女性211人に「年齢に関するアンケート」を行ったところ、下記のように思っている方が多かったのだそうです。

  • 「自分が何歳と思って生活を送っているか?」は、実年齢よりマイナス7~10歳
  • 「自分は周りから何歳に見られていると思うか?」は、実年齢よりマイナス3~6歳

 70代の女性が集まった座談会で、「私たち“中年向け”のファッションがないのよね」との意見に皆さん賛同したということは、70代は中年の域。その方々を先輩と仰いで、若々しくいようと頑張っている60代の意識は中年以下なのかもしれません。それなら何を着る?ってことになりますよね。

 

60代女性

60代のファッション

 

私が今いちばん気に入っているドゥクラッセ(DoCLASSE )の代表取締役・林恵子さんは1959年生まれ。今年で還暦になられるお歳です。どんな方かなと思っていたら、昨年10月の「ガイアの夜明け」に出演されて、「かっこいい中年の方々を元気にするんです」と微笑んでいるお顔が印象的でした。

 

www.tv-tokyo.co.jp

こちらには林社長の経歴が載っています。

kigyoka-shacho.com

DoCLASSEは40代、50代のミドルエイジを対象にしていますが、時どき届くアンケートの「あなたのご年齢はどれにあてはまりますか?」という欄に、30代以下・40代・50代・60代・70代以上の選択肢があります。これを見てホッする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今いちばん、自由にお金を使える女性の年代は20代じゃないはず。子育てが一段落した中年女性をターゲットに、手ごろな価格でデザイン・素材とも優れたアイテムが、ネット注文で翌日に届くというシステムは画期的だと思うのです。しかも気に入らなければ何度でも返品・交換が可能なのですから、わざわざデパートに行く必要はありません。

 

例えばこの春、とても流行しているシャツ・ワンピース。下の「ストライプ・シャツワンピース」8,990円はWEB限定商品で、しかも4月17日までだったら1,000円OFFのクーポンが付いています。

 

DoCLASSE ストライプ・シャツワンピース

 

一方で下のシャツワンピは、ファッション感度の高さを売り物にしているネットショップで3,990円のプチプラ。どこかは言いませんが、おばちゃんの私は「うちは20代がターゲットですので」と疎遠にされたことがあります。若くない人はファッションでのマイノリティなんだと思い知りました。

シャツワンピース
ネットショッピングに年齢制限があるのでしょうか?

4Gの通信網は、2020年の春から次世代移動通信の5Gになり、超高速化の時代に入ります。画像が表示されるスピードは今と比ではないほど速くなりますから、スマホでショッピングをする人はますます増えるでしょう。

 

「5G対応の最新スマホは、らくらくホンのシニア世代には関係ないよ」と思っているのは販売店側で、MMD研究所の調査によると、実際シニアに売れているスマホはiPhoneとXperiaです。どちらもシニア向けでなく、若い人たちに人気があるものを買っているのです。

 

ファションとはジャンルが違いますが、iPhoneのAppleもXperiaのSONYも、画期的な商品が世にが出た時に飛びついたのは今のシニア層。顔はシワくちゃになろうと、ずっと気持ちは老けていないのです。イタくて上等!

「うちは20代向けだから」とジジババを無視するファストファッションの社長さんもいつか行く道、あと30年後が見てみたくなりました。