大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

取っておいたもの

ムートンブーツはダサい? UGGのクラシック ショートは毎年売れています

物持ちのいい私は(断捨離が下手とも言えますが)、時どき物置からお宝を発見します。去年の冬は忘れていたUGG(アグ)のムートンブーツが見つかりました。 いったい何年ヘビロテしたことか。それでも踵は大して減っていないし、目立つ汚れもありません。さ…

グレーの全身コーデは濃淡レイヤードでオバ見えを防ぐ

外を歩くと汗だくになる猛暑が続きます。こんな季節に着る服は洗濯機で洗える素材が便利。カラーはグレーにすると、洗濯を重ねても素材の劣化が目立ちません。 でも私の年齢では一歩間違うと、グレーはオバ見えを加速させる色。そこにヒントをくれたのが、Do…

流行遅れにならずお金が貯まるファションのセオリーとは?

お金持ちの女性が集まる会に行くと、ファッションが2タイプに分かれるのに気付きます。仕立てと生地の良い、シンプルなスーツを着ているタイプ。年齢に関係なく華やかで、一点物らしきデザインを着ているタイプ。どちらにしてもお高いんでしょうねと思ったら…

捨てられない服はコーデ次第で今っぽい服に変わる

「物を大切にすること」と「取っておくこと」は違うように思います。大切にしたいものは、しまっておくのでなく、日々の暮らしでヘビロテする。この方式をお洋服に当てはめたのが、スタイリスト・石原順子さんの新刊『捨てられない服』(主婦の友社)です。…

直感で決める!クローゼットを軽くする超シンプルな衣替え術

今日は昼間の気温が22度を超え、さすがに冬物を着る気がなくなりました。でも我が家では衣替えのイベントがありません。ウォーキングクローゼットの手前と奥とで、春夏物・秋冬物を入れ替えるだけです。 ただしお洋服好きの私は買い足していくものが多いので…

40代からのプチプラミックス高見えコーデ|クールな知性のグレー・グラデーション編

捨てられなかった昔のブランド服と、流行のプチプラ服とを組み合わせるミックスコーデ。昨日のベージュに続いて、今日はグレーの着こなしにトライしたいと思います。 一口にグレーと言っても、薄いグレーから黒に近いグレーまで幅が広く、中にはベージュがか…

40代からのプチプラミックス高見えコーデ|クラス感アップのベージュ編

ゴミ袋に入れる一歩手前まで行って、どうしても捨てられない服ってありますよね。メルカリに出すには古すぎると分かっていても、生地が良くて高級ブランドとなると未練が残ります。そんな服を今っぽく着られる方法を考えました。 今日はベージュ編。新毛100%…

ぼろぼろになっても捨てられないお気に入りの服

今年もあと残り10日。せっせと断捨離するものをまとめていますが、衣類の整理は思い入れがあって手こずりますね。 我ながら不思議なのは、ほつれるほど着倒しているのに捨てられない服があることです。例えば10年前にアバクロで買ったニットジレ。全面に毛玉…

黒のダウンは派手色アイテムと合わせてリフレッシュ

めちゃくちゃ寒いですね。手持ちのコートで最も暖かい、モンクレールのダウンを着ることにしました。ロングと腰丈の2タイプを持っているのですが、どちらも黒なのが困ったところ。歳を取ると肌のくすみや髪のパサつきが災いして、ひどく地味なおばさんに見…

15年前のマックスマーラのコートを今っぽくアップデートするコーデ

外出している際に、オールドイングランドのピーコートのボタンを落としてしまいました。ストックしていた替えボタンを探したところ、ずいぶん前に捨ててしまったコートの替えボタンを幾つも発見。昭和っぽいファッションが流行している今、「捨てなきゃよか…

30年前の服でも若見え!ファストファッションとミックスコーデで復活

ここ10年ほどを振り返り、我が家の出費で激減したのが洋服代です。都内でデパートの横に住んでいた頃は、何かに取り憑かれたようにブランド服を買い漁っていましたが、逗子に引っ越してからはネットでプチプラ買いにシフト。着るのはカジュアルウェアばかり…

脱ダサ見え|こなれ感で大人の持ち味を出すロゴTシャツ

大人が着るとダサく見えるアイテムで、1~2を争うのがロゴTシャツ。遊び心を持って着るには年齢制限があり、意味不明な英字が入っていたりすると、センスを疑われます。 アラサー向けファッション誌 andGIRLのWEBサイトに、ロゴTをシーン別に大人っぽく着回…

大人のデニムパンツ&Tシャツはスニーカーとコーデしない

近ごろは白のスニーカーが気に入っている私ですが、マキシスカートやワンピースとコーデしても、デニムパンツには履きません。その理由は年齢バレバレの、レトロなカジュアルになってしまうから。 ティーンエイジだったらジーンズとスニーカーは可愛い組み合…

ウォッシャブル服と宅配クリーニングで節約ファッションライフ

ドアチャイムが鳴って宅配便かなと見に行ったら、以前よくお願いしていたクリーニング屋さんでした。「最近ご依頼がないので、もし何かありましたら」の御用聞き。ご無沙汰して申し訳なかったのですが、今は出すものがないのでゴメンナサイしました。 実は4…

トレンチコートはプチプラに手を出さない理由

去年に増してトレンチコートが爆発的に流行していますね。主流をなしている色はベージュで、スーツ、ワンピ、デニム、とにかく何の上にでもトレンチを着るのがカッコいいみたいです。ユニクロとGUでは売れ筋商品として大プッシュしていますが、値段も生地も…

ギンガム、ストライプ、ドットを揃えて春の準備

GUプレスから「春のおすすめ情報」というメールが届きました。注目のキーワードとして紹介されているのが3つの柄です。引用しますね。 ①ギンガムチェック展示会で、雑誌編集者やスタイリストさんが注目されていたのがギンガムチェック。この春1つは持ってお…

全身ブラックコーデにセンスを加える差し色

バレンタインデーから一夜が過ぎ、私はチョコを食べながらパソコンに向かっています。誰かにあげた余りじゃなく、おうちコープで買ういつもの栄養補給チョコ。昨日はさぞ沢山の恋が生まれたんだろうなと羨ましく思いながら、ネットでこんな記事を見つけまし…

ダウンをやめて早春に向けた防寒コーデをセットアップ

葉山でヨットに乗った帰り、マリーナのショップ「ヘリーハンセン」のウインドウが目に止まりました。クルーが呟いた一言は「寒そうだなあ」。昼間の南風が北風に変わり、背中を丸めている私たちには、色合いが寒々しいディスプレイだったのです。 確かにダウ…

夏物のカーキ×カーキを冬でも若々しく着る方法

春が近づくと、ダスティなカラーが着たくなります。クローゼットから引っ張り出したのは、GAPのリネンシャツとBananaRepublicのコットンパンツ。若い頃からミリタリーカラーは大好きなのですが、歳を取って肌がくすんでくると、そのまま着たらひどく地味にな…

流行に左右されず年齢のメリットを生かしたコーデをする

GUやZARAなど、トレンドを先取りするファッションサイトを見ていると、私の頭では理解できないコーデが出てきます。 下のモデルさんが着ているのはGUの春ファッション。私が小・中学生だったころ、こんなスタイルが流行していた記憶があるのですが、それから…

衣替えしないクローゼットから選んだコーディネート

大寒から立春へ、気温が上がってくると衣替えの季節がやってきます。でも私のクローゼットは衣替えとは無縁で、しいて行っているのは、ハンガーに吊るした春夏物と秋冬物との境い目を分かりやすくすることだけです。 沢山お買いものをしてるのにと思われるで…

混雑した初詣に出かけるコーデの色選び

除夜の鐘が鳴ったら、初詣に出かける方も多いでしょう。我が家から鎌倉の鶴岡八幡宮までは歩いて30分ほどなのですが、ロープを張って通行規制が行われている人混みに飛び込む勇気はありません。氏神様にお参りして、朝になったらもう少し遠くまで足を延ばす…

おばさまにならない柄ニットで単調なワードローブを華やかに

ネットショップでも自分のクローゼットでも、近ごろ数が減ったと思うのが、柄ニット(模様入りニット)です。ゴルフウェアでは大きなロゴやキャラクター入りのニットをよく見かけますが、あの独特なファッションワールドが理解できない私は、ゴルフクラブを…

ヘンリー王子の婚約者マークルさんのタイトスカートにドキッ!

英国のヘンリー王子と米国の女優メーガン・マークルさんの婚約がニュースに飛び交っています。マークルさんが一躍有名になったのは人気ドラマの「SUITS(スーツ)」ですが、弁護士事務所に勤めるアシスタント役という役柄にして、彼女が次々に披露するオフィ…

チャンピオンベルトみたいなコルセットのどこがおしゃれ?

若い人たちのあいだで、太いベルト(ワイドベルト)が流行していますね。昭和世代の私はどうしてもバブル期を思い出してしまい、なるべくなら細いベルトでおしゃれに見えるよう努力しています。 ワイドベルトは着痩せ効果があるらしく、こんな記事を見つけま…

いつからムートンブーツは流行遅れになったの?

アラフォー以上のファッション動向を知りたくて、雑誌やネット記事の情報をほぼ毎日チェックしています。ただし全てを信じるわけじゃなく、中には首を傾げたくなるものも。例えばこれです。主婦の友社の「OTONA SALON」にあった記事。 otonasalone.jp NGを出…

ネイティブ柄のカーディガンは流行に関係ない一生もの

流行に関係なく着られるネイティブ柄のニットが大好きで、20代の頃はカウチンのカーディガンに憧れていました。 新婚旅行で初めて行ったカナダ、溜めていたお小遣いでとびきりの一枚を買おうとしたら、彼が「2人で着れるサイズにすればいいじゃないか」と、…

あったかアイテムは実用性とデザイン性の両方で選ぶ

昼と夜との寒暖差が大きいこの時期は、あったかアイテムを活用しています。厚手のコートを着るにはまだ早いので、ちょこちょこ調整できるものを揃えておくと便利です。 ピエロ(Pierrot)で買った「フェイクスエードワンピース 」の上に着た、STEFANO MORTAR…

ローゲージニットのカーディガンはボタン無しがおしゃれ

不思議なもので「今年は何となく、あのタイプが着たいな~」と思ったアイテムは、手持ちの古い服でも流行が巡ってきます。 絶対にイケると思っているのはローゲージニット。毛糸が太ければ太いほど、トレンディなおしゃれになりそうです。 これはジャケット…

古いチェスターコートでもコーデ次第で難を隠せる

昨日の記事は、待ちかねて手に入れたGUの青いチェスターコートでした。私のクローゼットにはもう1着、10年以上も前に買ったUNTITLEDのチェスターコートが吊るしてあります。 生地と状態はいいのですが、ラベル(襟)と肩幅がちょっと広いのが難点です。これ…