40代 大人カジュアル

歳を隠すのをやめました

40代からの大人カジュアルコーデ|プチプラ&ハイブランドミックス最新ファッション

スポンサーリンク

グッズ

コート代わりになる大判ストールは顔が華やぐカラーを選ぶ

明日は今年一番の冷え込みがくるというのに、私はまだ衣替えをしていません。それでもコートを着るにはまだ早いと思うとき、便利なのは大判のストール。クリーニングに出して衣装ケースに仕舞っておいたのを引っ張り出し、これで当分は寒さをしのげると喜ん…

デンマークのミニマムな腕時計nordgreenが日本上陸|時計1個で世界の福祉活動に寄付できるプログラム

大きな文字盤で時間が見やすい、アナログタイプの腕時計が近ごろのお気に入り。カジュアルなアイスウォッチに加えて、もう少し大人っぽいタイプを入手しました。 2017年にデンマークの首都コペンハーゲンで設立されて、ファッショニスタの間で急成長している…

NAGATNIのツイード製財布は秋冬のコーデにダントツマッチ

お財布を買う時期について、昔の人は「春夏秋冬」になぞらえて迷信をからめていました。春 =張る、秋 = 空く、冬 = 増ゆるだと祖母から聞いた覚えがあります。夏が何だったかは覚えていないのですが、財布を新調するなら春か冬だと思っていました。 私のブラ…

ニットのロングスカートを基本にして楽しむ秋冬の小物

流行に関係なく履けるスカートとして、ニットのロングスカートがあると便利です。それもゴムウエストでリブ編みだと、楽チンだし、着こなしの幅が広がります。 大阪に本社のある【レディースファッション通販サンフラワー】 というショップで見つけたのが、…

冬に白い腕時計がおしゃれ!もう1個欲しいアイスウォッチの2018年人気バージョン

スマホを持ち歩くようになってから、若い人たちの腕時計離れが進んでいると言います。でもそれは高級腕時計の話であって、アクセサリーとして身につけるファッションアイテムとしての腕時計は人気が上がっているんだそうです。 私も昔はロレックスのテンポイ…

CRASH BAGGAGE |リモア購入層が買い替えるイタリア発の凸凹スーツケース

飛行機から降りて向かった荷物受取場。ターンテーブルを流れてくるスーツケースは似たり寄ったりで、自分のケースを見つけるのに目をこらします。しかも新品だったのが放り投げられてボロボロになっていると、泣きたい気持ちになりませんか。 最初から凸凹に…

生足に見えて伝染しにくいストッキングなら膝上スカートもOK

誰だか忘れましたが、大御所スタイリストのエッセイに「夏にストッキングを履くのは日本人だけ。欧米人は素足です」と書かれていたのを覚えています。文章に添えた写真には、日焼けしたイタリア人女性の筋っぽい足が写ってました。 それに対して私が20代の頃…

黄ぐすみする40代以降の肌はオレンジの服で一発逆転

平日の昼間に友人とお茶しながら、街行く女性たちを眺めていたときのこと。50~60代と思われるグループが何組か通りかかったのですが、みんな揃って個性がないのです。 背筋を丸くして、着ているのはアースカラーの地味な服ばかり。それなりにお金をかけてい…

雨の日ほどおしゃれに!ニューヨーク発MoMAレイングッズが10%OFF

この週末は晴天でも、天気予報を見ると来週は雨マークが続いています。梅雨に入ったらレインシューズの出番。長靴だと行く先が限られるので、私が愛用しているのはルタロン(Le Talon )のおじ靴です。レインシューズではないんですが、雨をはじくので、ファ…

オンオフが兼用できるベイカーテーパードパンツ&スカーフのコーデ

どんな年齢、どんな体形にもあうパンツは、腰回りが楽で、裾がつぼまったテーパードシルエットだと思います。これはマストハブだと信じてやまないジーユー(GU )の「ベイカーテーパードパンツ」で実例をお見せしましょう。 このパンツがなぜおススメかにつ…

出番がきたストローハットには同系色のカーディガン

桜吹雪が舞うようになれば春から初夏へ。服より先に帽子の衣替えをしました。去年の夏、スタイルストア で購入したodds(オッズ)の「フォールディングリボンハット」は真っ先にかぶりたいアイテムです。 www.connoisseur12.com ストローハットとしては珍し…

GUとキム・ジョーンズのコラボはガーキンのバンダナだけ買いました

GUがKIM JONES(キム・ジョーンズ)とのコラボ商品を作ったと聞いて、発売を楽しみにしていました。キムはルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターを務めた後、4月からはディオールのディレクター。ラグジュアリーファションとストリートファッシ…

ヴィンテージ生地をリメイクした一点物バッグでインスタ映え

この春は柄物のワンピースやスカートが流行するようですね。他とかぶらない個性的な柄を探していたら、なんと布製のバッグに行き当たりました。 ヨーロッパやアメリカのヴィンテージスカーフを利用して作っている一点物のバッグで、中目黒にある古着屋さんの…

雨に濡れても平気! リバーシブルにできるスエードバッグ

歳を取るにつれて、バッグの中身が増えていきます。下の記事に書いたように、私は仕事用にエルメスのガーデンパーティーを使っているのですが、丈夫さがとりえとは言え、さすがに毎回だと飽きがきます。 www.connoisseur12.com ファッション的に見栄えがよく…

流行のグリーンはドット柄のスカーフから取り入れる

ネットのプチプラショップでお洋服を買うとき、送料稼ぎにプラスするものって悩みますよね。適当に選んだら失敗で、これなら送料を出したほうが良かったと思ったものが多々あります。でも意外な拾いものも。 私がGUで送料稼ぎに買うのは、スカーフやヘアゴム…

お散歩には変形自由なワイヤー入りペーパーUVハット

冬至から2カ月過ぎると、昼間がずいぶん長くなったと感じます。紫外線も強くなってきて、そろそろ日焼け防止策が必要ですね。 花柄ブラウスを買ったショップリスト(SHOPLIST.com by CROOZ )で、セットになりそうな帽子をゲットしました。SHES COMPANYの「…

エルメスのニットと編み方がそっくりな1,000円バッグ

サラダを作るのもためらうほど、野菜がとんでもなく高いですね。レタス1個が500円! 値下げしたGUのお洋服のほうが安かったりします。 OL・主婦向けのファッションサイト、メルヴィーユ(Merveile) というプチプラショップで、激安アイテムを見つけました。シ…

ネットなら近寄れるCanCam世代の売れ筋アイテム

スマホでファッション情報を見ていたら、CanCam(キャンキャン)2月号の記事が目に止まりました。STORY世代よりも上のオバサンには絶対に近寄れない領域ではありますが、CanCamスタイリストがコラボしたというバッグに惹かれたのです。 バッグブランドcache …

ストールに戻れなくなりそうなスヌードの便利さ

凍えるような寒さの中、外出するのにストールやマフラーは欠かせませんが、解れないように結ぶのは面倒です。前からずっと興味があったスヌードを、遅ればせながら1本買いました。 GUの「ヘアリースヌード」1,490円。全長60cm・幅40cmというビッグサイズなの…

街では売っていないシンプルなヘアゴムの大人買い

髪を後ろで束ねるヘアゴムは、私にとって生活必需品。シュシュは田舎っぽいので断捨離して、あまり可愛すぎず年齢に合ったヘアゴムを選ぶようにしています。 時間が空いたときは、街のアクセサリーシップで探すのですが、シンプルなものが売っていないんです…

金運UPのお財布を彼に贈るなら 一粒万倍日の2018年バレンタインデー

そろそろ財布の買い替えどき。バッグから古びた財布を出すことが、近ごろ恥ずかしくなってきました。私はエルメスのベアンを使っているのですが、いくら長持ちするとは言え、買ってからもう10年。風水的に財布は1,000日が限度だそうですから、金運は落ちまく…

幼稚園以来のベレー帽に挑戦したら意外と似合いました

幼稚園生だった幼いころ、モノクロの写真を見ると私はいつもベレー帽をかぶっています。ノルディック柄セーターとセットだったようで、本人の好みは別として両親が気に入っていた組み合わせなのでしょう。 このとき以来ずっとご無沙汰していたベレー帽が今年…

チェックのストールや花柄ニットを差し色に使うアレンジ

年齢によって肌にメリハリがなくなってくると、単色コーデでは印象があいまいになりがちです。そんなときこそ差し色。全体をまとめているベースカラーにプラスして、意図的に配置するリレーションカラーが差し色で、一般には鮮やかな色が使われます。 例えば…

チャンピオンベルトみたいなコルセットのどこがおしゃれ?

若い人たちのあいだで、太いベルト(ワイドベルト)が流行していますね。昭和世代の私はどうしてもバブル期を思い出してしまい、なるべくなら細いベルトでおしゃれに見えるよう努力しています。 ワイドベルトは着痩せ効果があるらしく、こんな記事を見つけま…

あったかアイテムは実用性とデザイン性の両方で選ぶ

昼と夜との寒暖差が大きいこの時期は、あったかアイテムを活用しています。厚手のコートを着るにはまだ早いので、ちょこちょこ調整できるものを揃えておくと便利です。 これはピエロ(Pierrot )で買った「フェイクスエードワンピース 」の上に着た、STEFANO…

小春日和のお出かけはストールのバリエーションで遊ぶ

小春日和が続いた連休、葉山マリーナに遊びに行きました。台風の爪痕はまだ残っていて、堤防が破壊されています。ヨットはポンツーンに置けないので、陸に上げたままニス塗り作業でした。 クラブハウスから見た相模湾はキラキラ光って、セイリング、パワーボ…

手帳をエルメスのアジャンダから200円のプチプラに変えた理由

今年もあと2カ月半を切ると、新しい年の手帳が出回り始めます。私はスケジュールを手帳に書き込むのをやめ、スマホとパソコンで同期させてGoogleカレンダーを使っているのですが、5年ほど前までは下の手帳を使っていました。 エルメスのアジャンダGM。もうこ…

流行の赤を買い足すなら大判のストールが便利

こっくりカラーに入るんでしょうか、今は世界的に「赤」が流行しているそうです。パーソナルカラーが冬の私には、絶対に外せない色なのでかなり嬉しく思っています。 くっきりした赤は、黒とコーデすると印象が強くなりすぎるので、グレーと合わせるのが好き…

こっくり色にはシルバーやゴールドの光りものをプラス

去年あたりからでしょうか、秋物の服に「こっくりした色」という表現がよく使われます。「こっくり」とは「色・味などが、落ち着いて深みのあるさま」(三省堂 大辞林)。漢字にすると「落着」で、明治時代には「色合等の派手ならず能く引き締りたるに云ふ語…

クチナシ染めボタニカルオーガニックマフラーでふんわりブルーのコーデ

もう帰る家はなくなりましたが、歳をとるほど懐かしくて切なくなる私の故郷は愛媛県西条市です。西条のお隣は今治市で、今治タオルをはじめとする織物工房が沢山ある町。子どものころ、祖母の親戚から送ってくる段ボール箱にはタオルがぎっしり詰められてい…