大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

インテリア&グッズ

新食感の多肉植物グラパラリーフ(葉リンゴ)を鉢植えしました

ニュース番組を見ていたら、新食感の変わった野菜の特集をしていました。目が留まったのは多肉植物のグラパラリーフ。中南米に多いグラプトペタルムというサボテンの仲間です。食用に開発されてレストランでも出されているそうで、栄養が豊富。甘酸っぱいリ…

パウダービーズ入りMOGUボディジョイ|くつろぐ時も仕事の時もS字姿勢が自然にとれるクッション

リビングでソファーに座ってテレビを見るとき、ゆったりするほど腰が痛くなることってありませんか? 解決策を探すなら、もたれるだけで背骨のS字姿勢が自然にとれる、パウダービーズ入りクッション。インテリア・雑貨のMOGUストア から発売されている「MOGU…

段ボール箱を処分する断捨離ダイエット&セスキ炭酸ソーダで磨くお掃除ダイエット

コロナで家ごもりが続く中、資源ごみの日が近づいて大忙し。収納ボックスにしていた段ボール箱を一気に処分するため、荷物の入れ替え作業を行いました。バラして畳んで紙ひもで縛り、ゴミ捨て場まで何度も往復する断捨離ダイエットです。 片付けを始めたきっ…

生活感のない生活用品|シンプル&長持ちのキッチングッズで美しいおうち時間を

外食することがめっきり減って、家での料理が当たり前になりました。キッチンを使いやすく片付けて、ガスレンジの隅に置いたのは、2段の「tower/キッチン コーナーラック」。スタイルストア のキッチン収納用品コーナーで見つけました。 tower/キッチン コー…

WITHコロナでWITHフラワーの生活|ブルーミーライフの定期便500円の花束に癒されています

今年はおうち時間が長くなり、居心地の良い暮らしを工夫しています。週に1回ポストに届くお花の定期便 Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)もそのひとつ。去年の11月から500円の体験プランを開始して、お花が長持ちしない夏は休止を考えていたのですが、届くた…

頑張れ!全国のお花屋さん!500円のブーケがドライフラワーになったBloomee LIFE

大雨警報が出た夜中とは打って変わって、昨日の昼間は気温が20℃を超えた暖かい一日でした。午後から会議のために都内へ出かけたのですが、驚いたのは電車です。京浜急行の車両はガラガラで、私の前のシートには誰も座っていませんでした。 こんなに電車がす…

花束500円の定期便メリット・デメリット|Bloomee LIFE 4回目の正直

前回は大外れの内容だったお花の定期便Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)から、4回目のミニブーケが届きました。最初に感想を書きますが、今回は許せる範囲のブーケでした。 マイページに載っていた「最新のお届け」の画像がこちら。 花の種類 ガーベラ.キム…

みずのうつわ|小さな野の花を生ける吹きガラスの花瓶

これまで3回のミニブーケを受け取った、お花の定期便 Bloomee LIFE(ブルーミーラフ)。4回目が届く前に、どうしても必要なものを買いました。少量の花を生ける花瓶です。 Bloomee LIFEのサイトでも花瓶は売っているのですが、もっと良いものを発見。スタイ…

800円のブーケはどう?|お花の定期便ブルーミーライフに今後期待したいこと

週明けに3回目のブーケが届いた、お花の定期便Bloomee LIFE 。いつもと配達の方が違ったのか、玄関ではなく、マンションの集合ポストに入っていました。何とか押し込もうと思ったのでしょうね、箱の上が潰れています。 でも中身は大丈夫。私は500円プランの…

2回目は?ポストに届く花の定期便BloomeeLIFE(ブルーミーライフ)の感想

週替わりで季節のミニブーケがポストに届くBloomee Life。11月の終わりから2週間に1回でスタートして、昨日は2回目の500円ブーケが届きました。 今回はクリスマスらしいパッケージ。郵便屋さんがチャイムを鳴らして手渡ししてくれました。玄関ポストに差しこ…

ポストに届く500円の花束定期便|ブルーミーライフ体験プランの感想

【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便Bloomee LIFE 食卓にお花が飾ってある生活は、お天気が悪い日だって元気と笑顔をくれます。ただし交通費をかけてお花屋さんに行くのは面倒なので、週替わりで季節のミニブーケがポストに届くBloomee Lifeという…

ドイツ製の白いランドリーバスケットで新春のお洗濯

我が家では年末から家族が増えて、洗濯物も増えました。これまで使用していた籐のバスケットではサイズが小さいと思っていたら、スタイルストア からタイムリーなお知らせが・・・。 一目で欲しくなったのは、Freddy Leck sein Wasch salon(フレディ・レッ…

滑らない人体ハンガー|スタイリスト愛用MAWAハンガーで服の収納ストレスが減りました

そろそろ大掃除のシーズン。衣類の整理も行わなくてはなりません。私はクローゼットに入りきらない服は断捨離予備軍の段ボール箱に入れて、シーズン後に捨てる捨てないを決めます。 ただし「この手の服はもう着ません」の実例をお見せしようと、撮影のために…

育てるタオルはスキンケアの一部|バスタオルとフェイスタオルで健康&美容に

バスタオルを枕カバーにして赤ちゃんみたいな快眠 頭寒足熱という言葉がありますが、眠るときには「頭涼」ぐらいが快適。冷やし過ぎは代謝を悪くして、美容には良くないのだそうです。 冬はもちろん、私は夏でもひんやりした枕が苦手。清潔なふかふかのバス…

ニットは型崩れしない・すべり落ちない省スペースハンガーにかける

この冬は「ゆるぶか」ニットの出番が多くなりました。型崩れしないよう吊るしておくために、クローゼットに揃えておいて良かったと思うのは、ドイツMAWA(マワ)社のハンガーです。 いろんなタイプが出ている中、私が大人買いして使っているのは、上からエコ…

消臭インテリアの「飾り竹炭」で和洋折衷の暮らしを楽しむ

我が家は洋風の家屋ですが、インテリア雑貨は和風のものを置くのが大好き。この季節になると散歩がてら、備前焼の花瓶に投げ入れするススキの穂を取りに行きます。 www.connoisseur12.com 凝り始めるともっと和風で飾りたくなり、竹炭で作った消臭インテリア…

枕元でパワーストーンを輝かすミニ照明器具

男女問わずパワーストーンのブレスレットをしている方をよく見かけます。私も2年前までは左手首に2本つけていたのですが、鬱陶しくなって一昨年の春から外しました。身体を縛っていた縄が解けたみたいに、それからはとても自由な気分です。 bunsho-de-kaseg…

タンポポの綿毛で作る瞬間ドライフラワー

晩春のウォーキングには秘密の道具を持って出かけます。それはラッカースプレーとハサミ。道端でみつけたタンポポの綿毛をドライフラワーにするためです。 完成品はこれ。いびつな形もありますが、大きいのはまん丸な姿で成功しました。 ドライフラワーに向…

お土産にワインを包むマル秘テクニック

自宅でお酒を飲まなくなった私は、友人宅にお呼ばれしたとき、戸棚のワインを持って伺うことにしています。割れないためのワインバッグが無くなったので、思いついたのは晒(さらし)の布に包むこと。仕上がりはこんなふうになります。 使うのは60cm角の薄手…

キーボードの掃除に画期的な馬毛ブラシ

パソコンで仕事している私に取って、キーボードは命綱とも言えるパートナー。気になるのは溝に溜まっていく埃やゴミなのですが、雑巾で拭いたぐらいではきれいになりません。分解して洗ったら、はめられなくなって壊した経験があるので、どうして掃除したら…

断捨離本に惑わされないワードローブ術

洋服を買うときに、見落としがちなのがメンテナンス費用。いくらプチプラでも、家で洗えずにクリーニング代が高くつく素材では意味がありません。昔そんなことを考えなかった私は大馬鹿者で、今ごろやっとワードローブの管理に頭を使うようになりました。 こ…

バスタイムを優雅にするキャンドルスタンド

疲れが溜まったときは、ゆっくりお風呂に浸かってデトックスするのを習慣にしています。YUSENから流れるスタンダードジャズボーカルを聴きながら、欠かせないのはバスタブの脇に置くキャンドルの灯りです。 このキャンドルスタンドは、友人からバースデープ…

スマホ自撮り用に手間いらずのカメラリモコン

このブログの投稿数も280を超えて、パソコンのフォルダに保存しているファッションの自撮り写真は相当な数になりました。 鏡に向かってスマホのカメラを向け、セルフタイマーを2秒に設定して写すのですが、身体の向きが難しくてなかなか上手く撮れません…

クエン酸だけでピカピカになった蛇口周り

いつも洗面台を使うたび、気になっていたのが蛇口の水垢です。メラミンスポンジでキュッキュと磨いていたのですが、時間がかかるし、傷がつくような気がします。 そんなときにネットで見つけたのが、クエン酸でパックする方法。私はシャンプーにマルセイユ石…

お正月飾りは折り紙で手作り

クリスマスが終わると、街は一気に模様替え。ツリーに変わって門松が飾られ、お正月飾りを売る出店から賑やかな声が飛びます。 我が家はマンションなので、特にそれらしい飾り付けはしたことがないのですが、玄関のチェストの上にだけ、小さなお正月コーナー…

朝の自然光で目覚める障子の寝室

我が家の目覚まし時計は障子。朝の自然光で目が覚めたくて、寝室の窓はカーテンではなく、障子をはめています。夜も月灯りで眠りにつけるので、ベッドサイドのスタンドは要りません。 悩みの種は好奇心旺盛な猫の与六。窓の外で鳥が鳴いているのを聞きつける…

皮膚が痒くなる柔軟剤の断捨離

起床してシャワーを浴びたら、手足や背中に沢山の引っ掻き傷を見つけました。どうやら寝ている間に掻きむしったらしいのですが、乾燥による痒みならもっと早くからありそうなのに、今ごろなぜ? 原因は久しぶりに着た冬用のパジャマでした。3月に洗濯して仕…

電気ミニマットと遠赤ヒーターで乗り切る冬

11月上旬なのに真冬のような寒さが続いています。昨年は12月に入ってから暖房を入れましたが、今年は耐えきれず、毎年買い換えているホットカーペットの封を開けました。 山善の電気ミニマット(電子コントロール式)、amazonでは2,909円で売っている一人用…

野草を摘みに行く美容ウォーキング

祖母は生前、花盗人でした。呆けていたせいか、他所のお庭に手を伸ばしては花を摘み、家じゅうの花瓶やコップに飾っていたものです。それでも散歩に付き添えば、垣根に咲く花だけでなく、野草の名前まで一つひとつ教えてくれたのは、今でも心の財産になって…

備前焼の茶器で心を通わすおもてなし

自宅にお客様を招いたときは、コーヒー、紅茶、日本茶、何をお出ししますか? 我が家は日本茶なのですが、一般的な急須と湯呑は使いません。テーブルにセッティングするのは、備前焼の茶器セット。西武百貨店の個展で購入した本山和泉先生の作品です。 使い…