歳を隠すのをやめました

40代からの大人カジュアルコーデ|プチプラ&ハイブランドミックス最新ファッション

スポンサーリンク

高い服は一度しか着られない|プチプラ好きな草笛光子さんのおしゃれに同感

大スターと呼ばれる芸能人は、高級ブランドの服やアクセサリーに、際限なくお金をかけるものだと思っていました。でも84歳にしてH&Mやユニクロの服をよく着るというのが、女優の草笛光子さん。

 

私服の着こなしを掲載した『草笛光子のクローゼット』は、パリのマダムみたいなグレイッシュヘアの草笛さんが、おしゃれの秘訣を披露しています。

 

f:id:otona12:20180819220459j:plain

f:id:otona12:20180819220513j:plain

 

草笛光子のクローゼット

新品価格
¥1,728から
(2018/8/19 22:13時点)

 

この本を出したきっかけは、旅番組のロケに私服で出たら、SNSで「おしゃれ」と話題になったからだとか。ファストファッションだけでなく、40年前に買った服も今風にアレンジして着こなすそうで、ミニバッグや帽子などの小物使いも上手なのです。

 

f:id:otona12:20180819230503j:plain

 (主婦と生活社『草笛光子のクローゼット』から掲載)

 

本から引用しますが、ファストファションで買った安くてベーシックな服を、どうやって組み合わせるかを考えるのが好きなんだそうです。

私は何十万円もする高価なブランドの服も宝石も持っていません。何気ない服を着ていてもおしゃれに見えるのが、いちばん素敵な女なんじゃないかと思うのです。高価なブランドの服は、1回着たらおしまい。立場上、皆さまの前で二度と着る機会はなくなってしまいますから。それよりも、ごくシンプルな服に、プラスチックのアクセサリー類をたくさんつけたりと、ないなかで工夫するほうがずっと楽しいです。

 

これは私も同じ。高級ブランドの服は目立ちすぎるだけに、「あ、また着てる」と思われちゃうので、結局はクローゼットのいちばん端っこで、日の目を見ないまま古びてしまうのです。

 

プラチックのアクセサリーを沢山持っているのも同じです。差し色として使うビーズネックレスはスタイリストの菊池亮子さんを真似て集めたものですが、ヤフオクや楽天の格安ショップで、何10枚もの写真の中から選んで買っています。

 

f:id:otona12:20180819223327j:plain

 

下の写真でつけている黒のビーズネックレスは、「それってオニキス?」なんて嬉しい間違いをしてくれる人がいますが、ヤフオクで1,500円で落札したプラスチックです。ピエロ(Pierrot)の「バックギャザー入り Vネックノーカラーブラウス」につけると、顔がくっきりと見えるので、お気に入りの組み合わせになっています。

 

f:id:otona12:20180819224028j:plain

バックギャザー入り Vネックノーカラーブラウス

 

 草笛さんの「年相応の実年齢に合った洋服を着ると、歳以上に見えてしまう」という言葉もウンウンと同感しました。

 

歳をとるほどカジュアルスタイルが似合わなくて困ってる方が多いのですが、それは楽チンな服ばかり選んでしまうから。流行しているゴムウエストのボトムスは、ウエストが太くても履けるのが人気の理由ですが、広がったゴムは余計に太く見えます。

 

おしゃれ道を極めるのは楽しいけれど苦しい。自分に厳しくダイエットとサイズ管理をしながら、「隠さずに」着ることが理想です。髪の毛も真っ白になったら綺麗だろうなと思いつつ、薄毛にはならないよう、ヘアケアにも励むつもりでいます。