大人可愛い 50代

歳を隠すのをやめました

40代50代からの大人カジュアルコーデ|プチプラ&ハイブランドミックス最新ファッション

スポンサーリンク

ウエストゴムのフレアスカートを昭和にならずに着る方法

この春夏はフレアスカートが大流行のようですね。あまり裾が広がり過ぎていると、痛々しい若作りになってしまうので、適度な広がり加減を選ぶのが難しい。失敗してもあきらめがつく、GUの「タックフレアスカート」1,690円でチャレンジしました。

 

f:id:otona12:20180427194219j:plain

 

カラーは豊富。ベージュ、イエロー、オリーブ、グリーン、ネイビー、パープルの7色が出ていました。ボトムスでは今まで履いたことのないパープルにチャレンジです。

 

フレアスカートの基本的な着こなしは、トップスをタイトにして逆三角形を作ること。上は華奢に、下はボリューミーにしておくと、後ろから見て「いかつい」体形にならずに済みます。

 

ウエストが気になる場合は、レースのトップスを着て裾を外に出すと、境い目が目立ちません。

 

f:id:otona12:20180427194807j:plain

 

でも今年はふんわりトップスのウエストインが流行しているんですよねぇ。アラフォー以降の年代だと、昭和を懐かしんでるコーデになりそうで、ちょっと気恥ずかしいです。とりあえずやってみましょう。

 

トップスは、ur's(ユアーズ) の「パフスリーブVネックプルオーバー」3,690円。しっかりとした上質の生地で、既にホワイトは売り切れたようです。

もっと若いと可愛く決まるんでしょうが、私だとこのコーデは、おばちゃんになった白雪姫みたいです(笑)。

 

f:id:otona12:20180427195202j:plain

パフスリーブVネックプルオーバー

 

ちなみに後ろから見るとどうか、いちばん気になる部分をチェックします。ウエストの後ろがゴムになっているので、横に広がらないか心配です。

 

 

 

 

f:id:otona12:20180427200741j:plain

 

意外にもキュッとなっていますね。でも油断すると広がるのが中年を過ぎた証しなのです。対策を講じることにします。

 

ウエストからお尻が隠れるように、ベルトではなくカーディガンを巻きました。引き締め効果を狙って、色はネイビーです。こうすると昭和っぽさが軽減されるのではないでしょうか。

 

f:id:otona12:20180427200911j:plain

 

裏地がついているし、ハリのある素材とタックの入り加減は、レビューでも高評価。色ち買いしている方が多く見受けられました。