歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

おばさまにならない柄ニットで単調なワードローブを華やかに

ネットショップでも自分のクローゼットでも、近ごろ数が減ったと思うのが、柄ニット(模様入りニット)です。ゴルフウェアでは大きなロゴやキャラクター入りのニットをよく見かけますが、あの独特なファッションワールドが理解できない私は、ゴルフクラブを握ることからも遠ざかりました。

 

f:id:otona12:20171209125915j:plain 

 

そして柄入りの高級ブランドと言えばレオナールですが、ふくよかでリッチなおばさまが着ているというイメージが強く、試しに一枚買っただけで箪笥の肥やしになりました。

 

f:id:otona12:20171209130211j:plain

 

それでも単色のニットばかりを着続けていると、たまには気分を変えてプリントのアイテムが着たくなります。ボーダーやアーガイルは定番だからいいのですが、着たくないのは星とかハート、大きな花柄といった形が具象化されたもの。なぜか田舎の洋品店を思い浮かべてしまうのです。

 

私は数年前の断捨離でドッサリと服を捨てたことを悔いていて、着たくても柄ニットはほとんど残っていません。取っておいたのは2点。下の画像はエスニックな柄が入ったチュニック丈ニットです。民族調は若い人たちも好んで着るので、おばさまのイメージが薄れます。

 

f:id:otona12:20171209130746j:plain

 

そしてボタニカル柄。次の画像で着ているアンサンブルは、パリに買い付けに行っている友人のおみやげです。

 

 

 

続きを読む

レビュー以上の値打ち Uniqlo Uの3Dソフトラムクルーネックワンピース

発売前からファション関係者のあいだで噂になっていたUniqlo Uの3Dソフトラムクルーネックワンピース。クリストフ・ルメールのデザインチームはパリのエッセンスと近未来性を見事にマッチさせて、出すものはどれも欲しくなってしまいます。

 

立体編みでコクーンシルエット、七分袖、ラウム―ル100%のワンピースが5,990円は安いと思っていたのですが、発売されてからのレビューで躊躇していました。生地が薄い、透ける、手触りが悪い、チクチクするといった書き込みです。

 

f:id:otona12:20171209175315j:plain

 

でも実物を店舗で着てみたら、ワンピはこの厚みがちょうどいいし(これ以上厚いとガッチリ体形に見える)、ラムウールの手触りとしては普通。チクチクするならスリップを着ればいいのです。

 

ベージュはSサイズしか残っていなかったので、Mサイズがあったブラックを購入。さっそく家に帰って一人ファッションショーをやりました。

 

まずは一枚だけで着てみます。シルエットは抜群なのですが、ネックラインが詰まっているので、何か工夫が要りますね。

 

f:id:otona12:20171209175610j:plain

 

ブラックのワンピースのいいところは、差し色に何を持ってきても合うこと。ブルーで遊んでみました。

 

肩に巻いたカーディガンと、指先の出る手袋はBanana Republic。タイツはGUです。

 

f:id:otona12:20171209180543j:plain

 

タイツの色をちょっと暗めにして、GUのポインテッドバレエシューズを履きました。NAVYは大人っぽくて、足幅が細く見えます。1,490円なので在庫があれば、WINEも追加しようと思っています。

 

f:id:otona12:20171209181306j:plain

www.connoisseur12.com

さてさて、黒のニットワンピースには、赤が絶対に似合うはず。マフラーとパンプスを赤にして、ビビッドな雰囲気を出しました。

 

 

 

続きを読む