歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

働く・遊ぶ・走る 大切なメンズに贈りたい靴下屋の売れ筋ソックス

f:id:otona12:20171212190024j:plain

 

電車で足を組んでいるサラリーマンで、時どき目のやり場に困る方がいらっしゃいます。ズボンの裾からモジャモジャのすね毛が見えているのって、ご本人は寒いでしょうし、見た目として何とかなりませんかね。どんなに仕立ての良いスーツを着ていても、鼻毛が飛び出たみたいに、間の抜けたオッサンに見えてしまうのです。

 

f:id:otona12:20171212191127j:plain

 

憧れの上司が誘ってくれたワインバー。ゆったりとソファーに座って、「ちょっといいかな」とシガーをくゆらす渋めの表情がステキです。ところが組んだ足元を見たら、ソックスの奥に毛玉のできたヒートテックがチラ見えしてる・・。哀しい生活感に興ざめします。

 

スーツ文化の歴史が長い欧米のビジネスマンは、正式なスーツスタイルとして、ソックスは長めの丈を履きます。あなたの大切なご主人や彼氏がそれを知らず、どこかで恥をさらすことがないよう、クリスマスやバレンタインデーには正統派のビジネスソックスをプレゼントしてあげませんか。

 

f:id:otona12:20171212195339j:plain

裾から肌が見えない長さのソックス


おススメは靴下屋で圧倒的な人気を誇るロングセラーの「9×2つやリブビジネスソックス」1,080円(税込)です。薄すぎず厚すぎず、上品な光沢のある生地が特徴で、「足がもっとも喜べる履き心地」を追求して生まれたビジネスソックスなのだそうです。耐久性の良さはコスパ的にも優れています。

ちなみに「9×2」とはリブソックスの編み目の数。このソックスは凸が9目、凹が2目で、凸の幅が広い分ふっくらと見えますね。

 

f:id:otona12:20171212193415j:plain

9×2つやリブビジネスソックス

丈もこれだったら、裾からすね毛が見えませんよね。履いているうちにずり落ちることがなく、通気性の良い綿62%・ナイロン35%・ポリウレタン3%の日本製です。

 

f:id:otona12:20171212195405j:plain

9×2つやリブビジネスソックス

靴下で生地の厚さはとても重要。ご年配の方ほど、肌が透けて見えるナイロン糸のビジネスソックスを履いてるのは何故でしょう。足が蒸れなくていいのかもしれませんが、シースルーは下着っぽい感じがするんですよね。かと言ってスポーツソックスでは学生気分に戻りますから、やはり薄すぎず厚すぎずがポイントです。

 

実際に履くときの動画がありますから、生地感がよく分かると思います。

9×2つやりぶビジネスソックス from Tabio on Vimeo.

 

もう一つのポイントとして、色選びは重要。「9×2つやリブビジネスソックス」のカラーにはクロ、チャコール、スミクロ、チャコールグレー、クロ+チャ、ブラウン、ダークブラウン、クロ+エンジ、コン、ノウコンのラインナップがあります。

 

ただし正式なスーツスタイルにマッチする靴下の色は、濃いグレーかネイビー。もしブラウン系のスーツを着るとしても、濃いグレーとネイビーなら上品にコーデできます。従ってラインアップでおススメしたいのは下の画像、右がチャコールグレー、左がノウコンです。

 

f:id:otona12:20171212193859j:plain

 

 足が長すぎて、これでもすね毛が見えちゃう方には、ハイソックスタイプ1,512円(税込)もあります。 

f:id:otona12:20171212201913j:plain

9×2つやリブビジネスハイソックス

私はよく靴下屋のオンラインストアを利用するんですが、会員登録をするとポイントが溜まるし、送料が無料になるのが嬉しい。ギフトラッピングも可能で、メンズ向けには大人っぽい焦げ茶のボックスが用意されています。

 

f:id:otona12:20171212202209j:plain

 

クリスマスプレゼント用には、5本指ソックスやジャガード編みソックスなど、タイプの違うソックスを組み合わせたギフトセットもあります。雪だるまの可愛い足つぼマッサージ棒付きです。

 

 

 

続きを読む

年末年始の宴会には洗えるウェアで GUのスウェットフルジップパーカ

年始年末は宴会が多く、コートの下に着るものに悩みますよね。暖房が効いている室内では、もこもこのローゲージニットなど着て行くと、汗をかいても脱げないなんてことになります。

私はこの時期に多用するのが、GUの「スウェットフルジップパーカ」。1990円の定番で、毎年少しずつ色のチェンジがあるようですが、ベーシックカラーのグレーと紺はクローゼットにキープしています。

 

f:id:otona12:20171211120825j:plain

 

ドラマ「昼顔」で、上戸彩さんが着ていたのは「スウェットフルジップパーカ」のオフホワイト。どこのブランドだろうと噂が飛び交いましたが、まさかのGUとは驚きました。レジ打ちパートの主婦という設定なのですから、高価なブランドは使いませんよね。

 

f:id:otona12:20171211120127j:plain

 

私はGUではSサイズがちょうどいいのですが、これはMサイズがピッタリでした。Lサイズにしようかと思いつつ、パーカは歳をとってブカブカを着ると老けて見えるのでNGです。下の記事では春のおしゃれバージョン、そして夏の冷房対策バージョンのコーデを載せました。

 

www.connoisseur12.com

www.connoisseur12.com

今回は冬バージョンを幾つか載せることにします。

 

私の中で定番化しているのが、ハイネック(タートルネック)セーターの上にパーカを着るパターン。ワイワイと集う宴会では鍋の汁が飛んだり、食べ物を落としたりして、服を汚しがちです。洗濯機で洗えないウールニットの上に、洗濯機で洗えるパーカを着ておくと、食べこぼし対策になるのです。

 

Uniqlo Uの「3Dメリノリブモックネックセーター」と「3Dメリノリブスカート」の上にパーカを着たスタイル。ニットワンピの上にも相性が良く、特にGUの「スウェットフルジップパーカ」はファスナーがゴールドなので、高級感があります。

 

f:id:otona12:20171211153220j:plain

 

アウターにはピーコートを着て、チェックのカシミアマフラーをアクセサリー代わりにプラスしました。

 

f:id:otona12:20171211153753j:plain

 

 次の画像は紺色のパーカでコーデしました。こちらはなぜかファスナーがシルバーだったのですが、そのときのロットによって変わるみたいですね。

 

 

 

続きを読む