歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

10年後を考えてベルトを断捨離

衣料品の断捨離で悩むのがベルトです。保管にはさほど場所を取りませんが、鏡の前でコーディネートするとき、似たような色で種類が多いと、決めるまで時間がかかります。

 

今はしっくりこなくても、また使いたいときが来るのか。今回は10年後の自分を想像して取捨選択をしました。

 

捨てようと決めたのは幅の太いベルトたち。バックルが目立つもの、装飾過多なものは歳をとったら似合いません。バブル期にはグッチやヴィトンなどのロゴ・バックルが流行りましたが、今思うと恥ずかしい。自己主張度の高いベルトは、若い人たちが遊び感覚で取り入れるものでしょう。おじさん、おばさんが身に付けたら、品のない人で終わってしまいます。

 

f:id:otona12:20160525162015j:plain

 

 

 

 

そして幅の細いベルトたちは、10年後も大丈夫と考えて取っておきます。バックルはシンプルで、ゴテゴテした金具(スタッズなど)の装飾がないもの。細ければ柄が入っていてもOKです。

 

f:id:otona12:20160525162253j:plain

 

実際に付けて比較してみたのが下の画像です。細いベルトのほうがエレガントで、腰が華奢に見えませんか。

 

f:id:otona12:20160525164807j:plain f:id:otona12:20160525165053j:plain

 

足長効果を出したいときは、いっそベルトを付けない方がおしゃれです。私の年代ではパンツにベルトは当たり前だったのですが、その概念を無くしてしまうのも、一つの断捨離と言えるでしょう。