歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

コーデの色使いが難しいカーキのフレアパンツ

春が来てもワイドパンツの流行が続くのを知り、ワードローブに追加するアイテムを探しています。よそ行きじゃなく、普段着に使えるものを売り切れないうちに購入しました。

titivate(ティティベイト) の新作として出ている「スラブウエストゴムワイドフレアパンツ 」、2,990円。最高気温が9℃に満たなかった今日では寒すぎるのですが、プチプラにしてはラインが上出来です。

 

素材はポリエステル100%なのに、触った感じは綿か麻のようです。生地は薄くても裏地が付いているのに安心して、光の入り加減が美しいカーキ色を選びました。

ひどくクシャクシャな状態で届いたのは残念でしたが、電車のシートに腰かけていたらこれぐらいのシワはできるでしょう。むしろシワ効果を狙ったスカートなのかも。

 

f:id:otona12:20180226234907j:plain

f:id:otona12:20180227004605j:plain

スラブウエストゴムワイドフレアパンツ

 

ふんわりした素材と反比例するように、ミリタリーっぽいカーキ色。トップスを黒にしたら似合うのは分かりますが、春へ向かっている今は白っぽいものを取り入れたいです。モデルさんの真似をしてベージュのニットを選びました。

 

f:id:otona12:20180227000140j:plain

 

カーキとベージュは文句なしに相性の良い色。でも年齢が行くとあいまい過ぎて、顔が沈んでしまいます。そこでターコイズの太いックレスでインパクトを高めました。ペンダントよりもネックレスのほうが視線を上に集めるので、足長効果が生まれます。

 

トップスをベージュじゃなく、もっと白くしてみたらどうでしょう。綿シャツとのコーデを考えました。「ur's(ユアーズ) 」で3,985円だった「ドロップショルダーシャツ」を上に着てみます。

 

 

 

 

ウエストには太いベルトをして、この季節ですがあえてショートブーツ。スポーティーでありつつ、古き良きアメリカ的な雰囲気を出してみます。もっと暖かくなったら生成りのリネンシャツが合いそうです。

 

f:id:otona12:20180227000934j:plain

 

 カーキはダンガリーシャツとも相性が抜群。BananaRepublicのシンプルなダンガリーと合わせました。かなり着古しているシャツなので、くたっとした感じがカーキにマッチします。

 

f:id:otona12:20180227001215j:plain

 

シャツにスカートだけだと普通すぎるので、ダンガリーシャツと同じ色のカーディガンを肩にかけるテクニック。こうすると上半身にボリュームが出て、下半身がスッキリ、しかも足長に見えるのです。

カーキ色のボトムスは思ったよりもコーデが難しく、色を増やし過ぎると田舎っぽくなります。なのでシャツとカーディガンの色は一緒。分かる人なら気付いてくれる秘策コーデとなりました。