歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

STYLEST 月額制ファッション通販で選ぶアイテムは今月の宿題

月が替わるとすぐにチェックするSTYLEST (スタイレスト)のチケット利用アイテム。GWの最中でボーっとしていて、今月は見に行くのが遅くなりました。

目ぼしいものが売り切れている中、偶然にも再入荷していたのが「ギンガム柄巻きスカート」3,600円です。ラッキー!とばかりに、月額1,980円のチケットと交換しました。かかったのは送料だけです。

 

f:id:otona12:20180510203112j:plain

 

f:id:otona12:20180510203214j:plain

 

コットン生地×ギンガム柄の巻きスカートは、少女時代からの憧れアイテム。でも届いてみて失敗かも?と思いましたよ。かわいすぎます(笑)

 

そんな気後れを払拭してくれるのが、STYLEST (スタイレスト)の優れたところ。似合わないと思っていたものが実はピッタリだったという、新たな気付きを教えてくれるんです。

 

与えられたアイテムをどう着こなすか、ゲーム感覚で楽しみます。大きなギンガムチェックは若々しいインパクトが大きいので、私の年齢でトップスに暖色を持ってくると、とたんに若作りになります。

モノトーンでまとめるのが大人っぽく見せる方法ですが、下の写真のように半袖を着ると、子どもっぽい上に田舎くさくなるんですよね。

 

f:id:otona12:20180510203938j:plain

 

これを救済するのはカーディガンを肩に羽織る方法。でも私は撫で肩なのですぐ落ちちゃうし、モデルを気取ってるみたいで恥ずかしいです。

 

f:id:otona12:20180510204520j:plain

 

袖は長袖か七分袖、もしくはノースリーブに。GUの「オーバーサイズスキッパーシャツ」を着てみます。胸の開き具合が大人っぽくて、カフスのついた七分袖がこのスカートには似合います。でも何かが足りないような。

 

f:id:otona12:20180510205306j:plain

 

さらに小物をプラスして、おしゃれ度を高めましょう。スカートが少女っぽいので、大人の女に格上げしなくちゃいけません。

 

 

 

 

黒のビーズネックレスとピアス、そしてシューズも黒のパンプスに替えました。これなら若作りになりませんね。

 

f:id:otona12:20180510205550j:plain

 

勇気を出せるなら、肩の露出が大きいタンクトップ型のノースリーブを。ギンガムチェックをもっと目立たせるミニマムなコーデです。

 

f:id:otona12:20180510205856j:plain

 

ファストファッションならではの醍醐味は、大金を賭けることなく、これまで縁のなかった服に挑戦できること。5月のSTYLEST「今月の選べるアイテム」は難しい宿題でしたが、何とかクリアしました。「それどこで買ったの!?」と言ってもらえるよう、来月も頑張って着こなすつもりです。