40代 大人カジュアル

歳を隠すのをやめました

40代からの大人カジュアルコーデ|プチプラ&ハイブランドミックス最新ファッション

スポンサーリンク

ハイブランドでもプチプラでも服を選ぶ基準は同じ

先日電車に乗ったとき、前の席の女性が「あらぁ」と挨拶してくれました。誰だったかなと記憶を辿っていたら、「いつも見てますよ、ファッションの・・」と、このブログの読者さんだったんです。

とても嬉しかったのが半分、今日のコーデは大丈夫だろうかと焦ったのが半分、「どーもどーも」と意味不明な返事をしてしまいました。あのときはありがとうございます。

 

若い頃からさんざんお洋服に散財した私は、ファッション出家した気分。今やハイブランドとプチプラとの境い目がなくなりました。芸能人でも大金持ちでもないのに、セレブ向けブランドを自慢げに着ることはできません。ただしセンスがないと思われるのだけはイヤで、100円で買った服であろうと鏡の前で真剣にコーデを考えます。

 

今日のコーデは白のカーディガンと紺のニットスカート、どちらもセールで買ったユニクロのアイテムを使いました。

 

このカーディガンは一昨年、ユニクロの見切り品(ワゴンに入っているもの)だったのを1,000円以下でゲット。Uniqlo Uのスカートは去年、値下がりするのを待って買いました。ベルトだって1,480円のプチプラです。たまたまスカーフだけは著名デザイナーのブランドですが、しまむらだって構いません。

 

 

f:id:otona12:20180114171002j:plain

洋服を選ぶ基準を「色」「質感」「縫製」「スタンダード」に置いておけば、あとは自分の体形に合うかどうかで購入の決定ができます。ペラペラのフリル付きブラウスなんかを買わない限り、基準さえ守っていればダサ見え&安見えすることはありません。

 

下のコーデは、もう何年も着ているメーカーズシャツ鎌倉のストライプシャツを中に着て、GUの「メッシュベルト」790円をアクセントにプラスしました。

シャツのカフスを袖口から出して着られるよう、見切り品であってもカーディガンのサイズは計算して買っています。

 

f:id:otona12:20180114173642j:plain

 

白と紺のベーシックなアイテムは、カジュアルダウンするのも簡単。何通りにでも着られるのが魅力です。

 

 

 

 

赤×紺のチェックのシャツをインにして、裾見せをしました。ソックスには同じ配色のアーガイル模様。パンプスからスニーカーに替えて着崩します。

 

f:id:otona12:20180114174324j:plain

 

ベースが固まれば、あとはレイヤードしていくだけ。デニムジャケットを着て、外に出るときはダウンを着て、大判ストールをぐるぐる巻きにして・・と、手持ちアイテムを足していきます。

 

f:id:otona12:20180114174256j:plain

 

私はアルコールと無駄な外食をカットしたことで、浮いたお金をお洋服の購入に回しています。一度買った服はもったいなくて捨てられませんが、生活習慣の断捨離は思い切って行いました。おかげで何でも着られる体形になったのが、自分のファション史上いちばんのメリットでしょうか。

何かが欲しいなら何かを捨てる。神様から人間に下されたセオリーかもしれませんね。