大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

BIWACOTTON半袖ビッグTシャツ|琵琶湖の伝統綿「高島ちぢみ」がトレンディスタイルに


メイドインジャパンの極み、江戸時代から続く「高島ちぢみ」で出来たTシャツをスタイルストア で入手しました。高温多湿な日本の夏に適した清涼生地。琵琶湖の北西部にある高島市で、150年以上にも渡って職人たちに受け継がれた伝統のコットンです。

 

BIWACOTTON/半袖BIG‐T

BIWACOTTON/半袖BIG‐T ホワイト 6,050円

 

琵琶湖から名前を取って、「BIWACOTTON/半袖BIG‐T」。元来はステテコ用の生地だそうで、さらっとした肌離れの良さは、厚めの麻に似ています。

 

BIWACOTTON/半袖BIG‐T

BIWACOTTON/半袖BIG‐T ワイルドベリー 6,050円

 

 カラーはブラック、ホワイト、モク、ワイルドベリー、ネイビーの5色。サイズは1(7号~9号)と2(11号~13号)があります。私はワイルドベリーの1サイズを選びました。

 

スタイルストアはルームウェアとカテゴライズしていますが、きちんと箱に入って届きます。

 

BIWACOTTONの箱

 

テーブルに広げたら、いきなりニャンコが飛び乗って、気持ちよさそうにゴロンゴロンしました。さすが清涼生地。

 

Tシャツに転がる猫

 

秋物が出始めた今、あえてTシャツを買ったのは、糸を限界まで撚って織った強度のある生地だから。吸湿性、速乾性、ストレッチ性に長けた天然素材なんです。この機を逃したら次はない気がしたので、とりあえず1枚ゲットしました。

 

BIWACOTTON

 

これがコットンだとは信じられないほど、高級感のある手触り。リブみたいに、生地の表面に細かな凸凹があります。

 

BIWACOTTON

 

伝統職人が作ったTシャツでありながら、形は流行のビッグT。肘まである袖の長さも気に入りました。これがルームウェアだなんてもったいないので、外に着ていきます。ベージュのチノパンにコーデしてみました。

 

チノパンとのコーデ


シャリっとしているのにゴワつかない、かなりのストレッチが効いた生地は、裾の扱いが楽です。ボトムスにインしてもアウトしても決まるし、前裾だけインすると綺麗なドレープが生まれます。リエディ(Re:EDIT )の「ヴィンテージライクリメイク風デニムロングスカート」とコーデしました。

 

前裾だけイン

ヴィンテージライクリメイク風デニムロングスカート  3,990円

 

 

 

これがステテコの生地だとは、絶対に誰も思わないでしょうね。レストランに行けそうなお出かけコーデをしてみましょう。

スタイルストアで買ったパンツでいちばん気に入っている、日本製ブランドKilka(キルカ) の「洗えてシワになりにくいウールライクテーパードパンツ」を履きました。

 

洗えてシワになりにくいウールライクテーパードパンツとのコーデ

 

もっとおしゃれに見せるなら、ロングジレをプラス。ドゥクラッセ(DoCLASSE )の「UVスラブ・ロングジレ」(チャコール)をさらりと羽織ります。

 

UVスラブ・ロングジレをプラス

 

ワイルドベリーという深みのある赤は、これからの秋にぴったりなカラー。チャコールやブラウンとコーデして、大人の秋を目指そうと思います。