大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

着回しの幅が広い3WAYコート|モード系ブラックならセレモニーでもカジュアルでもコーデの達人に!


歳をとるほど、スプリングコート選びが難しくなります。特にロング丈の場合、シワが寄りやすい生地だと、顔まで貧相に見えてしまうんですよね。デザインも若々しく見える、モード系が欲しいなと考えておりました。

 

レビュー数が増えたのを見て決断したのは、SOÉJU(ソージュ) の新作「リモンタ3WAYコート」です。

 

リモンタ3WAYコート

リモンタ3WAYコート 28,600円(税込)

 

美しい微光沢のあるイタリア・リモンタ社の上質素材は、ヘビロテしている「リモンタコートワンピース」で良く分かっています。水濡れが目立ちにくい生地なのもポイント高し!

最後まで悩みぬいたのはカラーでしたが、セレモニーに使える「ブラック」を選びました。

 

リモンタ3WAYコート(ブラック)

 

バラけて着ることのできる3WAYは、ソージュならではの発想。「ロングノーカラーコート」は、前を閉じて金色のボタンを隠せば、お葬式にも着ていけます。

 

ロングノーカラーコート

 

ウエスト丈のケープはカジュアルに着られるし、畳んでトートバッグに入れておけば、突然の雨や冷房の効いた電車で役立ちそう。ドローストリングの金具は高級感があります。

 

ケープ

 

下は宅配便で届いた商品です。SOÉJU(ソージュ) のお洋服は梱包がきちんとしているので、ビニールカバーとハンガーを外せばすぐ着られます。

 

梱包された服

ビニールカバーのかかったコート

 

実物は想像以上にツヤ感がきれい。裏地がないので蒸れることなく、肩が凝らない軽さです。

 

カバーを外したところ

 

「ロングノーカラーコート」と「ケープ」は、着ているうちにズレないよう、ネックが3つのボタンで固定できます。

 

コートとケープをつなぐボタン

 

シンプルな「コートワンピース」は、インに着るものを邪魔しないラグランスリーブ。トレンチコート風の袖口です。

 

コートワンピース

 

ケープはウエストで絞って着ることができます。

 

ケープ

 

もう一つ悩んだのはサイズ。FREEにするかTALLにするかです。私は長めの丈が好きなので、ワンピースはTALLを選んでいますが、ブラックのコートだと重々しいかなと考えて、FREEにしました。

 

素材タグ

 

今回は3WAYをバラして着る全バージョンをお見せしたいので、説明は少なくして、画像を並べていきますね。バックスタイル、サイドスタイルも頑張って撮りました。参考になったら嬉しいです。

 

コーデするため、中に着たのはソージュのトップス「ワイドリブ5分袖ニット」(ライトグレー)と、クロップド丈の「センタープレスパンツ」(ライトグレー)です。

 

センタープレスパンツとのコーデ

ワイドリブ5分袖ニット 7,480円(税込)

センタープレスパンツ 16,280円(税込)

 

上の画像で巻いているベルトは「ヴィーガンレザー細ベルト」のネイビーですが、今回は春らしくホワイトを巻きました。

 

ヴィーガンレザー細ベルト

ヴィーガンレザー細ベルト 3,520円(税込)

 

それではコーデ画像を並べていきましょう。

最もモードっぽく着るには、ハイネックの一番上までボタンを留めます。届いてすぐ試着したときは、全体的に大きすぎるんじゃ?と思ったんですが、実際に着用して動いてみると、レイヤードしやすいバランスの取れたサイズ感だと思いました。

 

いちばん上までボタンを留めた着方

バックスタイル

サイドスタイル

 

好きな着方は、いちばん上のボタンだけを留めたシルエット。中に入れたライトグレーの上下とホワイトのベルトが涼しげで、歩いても裾が広がることなく着られます。

 

いちばん上のボタンを留めた着方

 

ケープのボタンだけをオープン。

 

ケープのボタンをオープン

 

コートとケープ、全部のボタンをオープンしました。

 

全部のボタンをオープン

 

それでは後ろネックの留めボタンを外して、コートとケープに分けます。

「ロングノーカラーコート」はファスナーとボタンを閉じるとスリムな印象ですが、全開にすると女性らしい雰囲気になります。

 

ロングノーカラーコートのコーデ

ロングノーカラーコートのコーデ

 

「ケープ」も表情を変えられます。前を開けて羽織るとラフな印象だったのが、ネックを閉じてドローストリングを前で結ぶと、肩に丸みが出て可愛い雰囲気に変わります。

 

ケープのコーデ

ケープのコーデ

バックスタイル

サイドスタイル

サイドスタイル

 

 

 

ネイビー、ブラック、キャメルの3色から、悩みぬいてブラックにした最大の理由。それはオケージョンシーンで着たらどうなるか?です。

告別式に出席して、その足でパーティーに出席するというパターンを想定しました。

 

まずは悲しみの席。中にはブラックのワンピースを着て、パールのアクセサリーをつけています。コートの前を閉じて、パールネックレスをかぶせると、肌寒い日はコートを脱がずとも参列できるコーデになりました。

 

悲しみの席のコーデ

悲しみの席のコーデ

 

この後でパーティーに出席するには、アクセサリーをゴージャスなタイプに替えて、黒いストッキングを脱ぎます。「リモンタ3WAYコート」はフル装備にして、前を全オープン。告別式帰りには見えないスタイルになったと思います。

 

パーティーのコーデ

 

私はブラックを入手しておきながら、モデルさんが着ているキャメルにも心惹かれます。

 

キャメル

リモンタ3WAYコート 28,600円(税込)

 

今のところは「リモンタコートワンピース」があるので、グッと我慢。人気色のキャメルはすぐソールドアウトしますが、この色のワンピは、今月末に再入荷予定だそうですよ。

 

リモンタコートワンピースをプラス

ソフトオックスシャツワンピース 19,800円(税込)

ソフトオックスセンタープレスフルレングスパンツ 16,280円 (税込)

リモンタコートワンピース 20,900円(税込)