大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

大人気のショートヘアには盲点があった!デコルテ以上にケアを頑張りたい身体のパーツとは?


そこかしこに紫陽花が咲いています。美しさに足を止めつつ、湿気でクセ毛が広がる私にとっては、ブルーな気分になる季節です。

 

紫陽花

 

とにかく髪を切ろうと美容室にGO!「メンズカットにしてください。刈り上げもいいかな?」とお願いしたところ、店長の答えは「少しは女らしさを残しましょうね」でした。丸みをキープしたヘアスタイルですが、それでも自分史上いちばん短くなったでしょうか。

 

バックスタイル

 

正面から見ると、両サイドもかなり短くなっていました。ネイビージャケットとの相乗効果で、マスクをするとメンズに近くなります。

 

マスクをしたところ

 

もうボーイッシュなコーデしか出来ないのか・・と思いましたが、意外にも女っぽいワンピースがマッチしました。ドゥクラッセ(DoCLASSE )で大ヒットした「UVスラブ・ロングフレアワンピ」の中で、この変形水玉柄は人気が続いています。

 

UVスラブ・ロングフレアワンピとコーデ

ワンピースのコーデ

UVスラブ・ロングフレアワンピ/17576 6,589円(税込)

 

迷ったのは、冷房の効いた室内などで足す羽織り物。シンプルな黒いカーディガンを羽織ったところ、ボーイッシュさからは遠ざかり、おばちゃんっぽくなりました。昭和がよみがえります。

 

黒いカーディガンをプラス

 

浮かんできた打開策は羽織り物のボリュームをアップして、ワンピースへの固執を薄めること。サラッとした素材でオールシーズン着られる、SOÉJU(ソージュ) の「ミラノリブニットプルオーバー」(オフホワイト)をスポッとかぶりました。

ワンピースはスカート部分しか見えませんが、こなれ感が出たと思います。

 

ミラノリブニットプルオーバー

ミラノリブニットプルオーバー 13,200円(税込)

 

サイドスタイル

 

 

 

 

トレーナー感覚のプルオーバーなので、暑いときには肩掛けOK。薄っぺらいカーディガンよりも二の腕カバーになり、上下のバランスが取れたんじゃないでしょうか。

 

プルオーバーの肩掛け

 

服はワンピースでもプルオーバーでも、「こうして着なくちゃいけない」というルールは無いんですよね。常識を取っ払うと、何歳になっても自由さが広がります。

 

ただし一つだけ問題がありました。ヘアカットは後ろをうんと短くしたので、ムダ毛のケアと日焼け対策をしなくちゃ。

 

バックスタイル

 

自撮りした背中を見たら、シミこそ無いものの、冬には気付かなかったムダ毛が露わになっていました!

 

後ろ撮り

 

自分では出来ない背中のムダ毛剃りに行くべきかと、家から近い距離のサロンをホットペッパーで検索中。実はこれだけ長くお世話になっている美容室に巡り合ったのがホットペッパービューティー だったんです。充分な下調べ&初回割引を得るための裏ワザです。

 

ショートヘアのデイリーケアとしては、飲む日焼け止めの [BIHAKUEN]UVシールド(UVShield) を欠かさずに、自分では手が届かない部分の保護を頑張ろう!と決意しています。

 

UVシールド

www.connoisseur12.com