歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


自分の体形を熟知して選ぶ春夏用ジャケット

今日は似合わないもの編。このジャケットはメーカーズシャツ鎌倉で買った綿麻混紡です。値札を付けたままクローゼットに押し込んで、5年以上経ってしまいました。

 

f:id:otona12:20170503150806j:plain

 

色違いで紺色も買ったのに、一度袖を通しただけ。吊るしている状態だと分からないのですが、着ているうちに身体と服のラインが分離して、ギクシャクしてくるのです。

 

f:id:otona12:20170503150938j:plain

 

野暮ったく見える例として着てみます。昭和の婦人っぽいイメージだし、こなれた感がないのです。正統派すぎて、コーデの幅が狭まります。

 

f:id:otona12:20170503151305j:plain

 

春夏用として着る白のジャケットは、生地に張りがありすぎるとダメ。受付嬢の制服みたいになります。

私が気に入っているのは、去年の7月に横浜ルミネのバーゲンで買ったUnacaのジャケット。くたっとした生地ですが、着ジワが寄ってもみすぼらしく見えないのは、デザインとカッティングの良さだと思います。比較してみましょう。

 

 

 

 

f:id:otona12:20170503152429j:plain

 

去年はどんなコーデを載せたっけ?と記事を探したら、同じようなことを書いておりました。インナーに着てるBanana Republicの青いTシャツも同じ(笑)

 

www.connoisseur12.com

人それぞれと思いますが、メンズ服から始まったブランドは硬さが抜けず、私には何故か似合いません。どこかに丸みや優しさが感じられるものが、身体のラインに似合う年代になったんでしょう。