歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

どんな体形でもOKなプリーツ加工の服を着ない理由

クローゼットの奥に、オバサンだった自分への見せしめとして保管してある服があります。もちろん今の方が年齢はずっと上なのですが、この服を買った当時は気持ち的にイケてないオバサンでした。

 

f:id:otona12:20170821152103j:plain

 

楽天で買った記録を見ると、スペッチオというブランドのプリーツ加工のワンピース。大人の女性のための服として売り出しているのは、体形の変化を気にせずに着られるデザインがほとんどで、根強いファンがいるようです。

 

フォーマルウェアとして買ったラウンドワンピースを着てみましょう。シンプルだし楽チンだし、見た目は普通かもしれませんが、着ている本人には後ろめたさがあります。

 

f:id:otona12:20170821152917j:plain

 

後ろめたさとは、肥ったり痩せたりしても着られる服だということ。これを買った10年前の私は、大酒飲み&大食漢のぽっちゃりで、少しでも細く見せたいとプリーツ加工の服を探しました。

でもね、ビヨ~ンと広がったプリーツほど、ぽんぽこりんのお腹やたるんだ二の腕を強調するのに気付かなくて、後で冷静に写真を見てから愕然としたのです。

 

プリーツ加工は決して体形をカバーしてくれるんじゃなく、フリーサイズなのがメリット。体形維持をあきらめた方々が買う服の代表なのだと気付きました。

 

実を言うともうワンセット、同じブランドで買った服があります。スーツとインナーなんですが、これは私としてはもっと切なくなります。

 

 

 

 

f:id:otona12:20170821154422j:plain

 

着ていて、それ素敵と褒めてくれたのは、私よりもずっと年上のお姉さまたち。プリーツ加工のスーツ、アニマル柄のブラウス、これにソバージュのヘアスタイルが加わったら、70歳ぐらいに見えるでしょうね。

 

f:id:otona12:20170821154524j:plain

 

自分への戒めとしてクローゼットに吊るしてある服を見ながら、心がけているのは、体形に服を合わせるのじゃなく、着てみたい服に体形を合わせること。私の年齢の標準よりはワンサイズ下を着ることにしています。

 

だからこそ大好きなファッションのために、太る「家飲み」をやめました。食材を厳選するダイエットや適度な運動を日課としながら、現在のBMIを維持していこうと頑張っています。