歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

シンプルなIラインスウェットワンピで急なお出かけは楽ちん

コーディネートに悩まなくていいワンピースは、急ぎの外出のときに便利です。中でも家で洗濯できるスウェット生地で、おしゃれに着こなせるものがあれば最高。大人のプチプラ通販のピエロ(Pierrot )で見つけました。

 

「Iラインスウェットワンピース」2,280円。適度の厚みがあってストンとしたデザインは、盛夏以外は気軽に着られそうです。

 

f:id:otona12:20170923161258j:plain

 

お色はベーシックな5色ですが、決め難いときはモデルさんが着ている色を選ぶと失敗しません。杢チャコールのMサイズを選びました。

この価格で両サイドにポケットが付いているのって、なかなかありませんよね。物を入れ過ぎてポケットが伸びないように気をつけねば。

 

f:id:otona12:20170923161928j:plain

Iラインスウェットワンピース

 

この色めに絶対似合うのは、デニムジャケット。ヘルムートラングの年代ものを着てみました。腰に巻くカーディガンとパンプスはパリジェンヌ風の「赤」にして、メリハリをつけます。大人っぽいIラインワンピなので、パンプスがきまるのは嬉しいですね。

 

f:id:otona12:20170923162248j:plain

 

スウェット生地のワンピースに、もう一枚スウェットのパーカを重ねてみましょう。

 

 

 

 

杢チャコールは「白」を持ってくると、とたんに若々しくなります。首にはGUのバンダナ柄スカーフをちょこんと巻き、足元は赤いラインが少し入ったスニーカーにしました。パーカの袖からは、ワンピースのグレーをちょっとだけ出すと、おしゃれ度がアップします。

 

f:id:otona12:20170923162712j:plain

 

グレーのワンピースって、上着に黒を重ねたくなりますが、このような丸首の場合はおススメしません。当たり前が集まって華やかさが欠け、とたんに老けてしまうからです。できればパステルカラーもNG。田舎のおばちゃんっぽくなります。

 

迷ったときに「白」の上着を持ってくるのは、若見えのテクニック。汚れそうだからと敬遠せずに、暗い色が氾濫する秋冬ほど上手に取り入れたい色だと思います。