歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

いつからムートンブーツは流行遅れになったの?

アラフォー以上のファッション動向を知りたくて、雑誌やネット記事の情報をほぼ毎日チェックしています。ただし全てを信じるわけじゃなく、中には首を傾げたくなるものも。例えばこれです。主婦の友社の「OTONA SALON」にあった記事。

 

otonasalone.jp

NGを出されているコーデは、確かに!と思えるものが半分。一方で反論したい項目もありましたので引用させて頂きます。引っかかるのは「特に、」からの部分です。

「オフの日はダウンとデニムスカートが鉄板」

→タイトなデニムは腰の張りが目立ち、胴長に見える危険性が高い

 

秋冬の定番、薄いダウンジャケットにチェックシャツ、デニムのタイトスカートを合わせたカジュアルスタイル。公園で見かけるような定番アイテムの組み合わせですが、スカートなのに女性らしさも感じられず、機能性を重視した組み合わせは、生活感が出てしまいおしゃれとは程遠い印象です。

特に、足もとのムートンブーツは、暖かくて楽だけどトレンドとしてはもう終了。大人にはふさわしくないので、お出かけの時にはきちんと感のある靴やブーツを合わせるほうがベターです。脚を細く見せたいという気持ちが履かせる黒タイツも痛いので、脚を見せたくないなら膝丈は避けてパンツかミモレ丈を選びましょう。

 

ムートンブーツは大人にはふさわしくないんですかね? アラフォーどころじゃない私は、UGGのグレーを何年も履いています。真冬のお出かけで、仕事以外のときだったら他に考えられないかも。いまだにソールが減らずに長持ちしているのを見ると、これこそはプチプラじゃなく、UGGを買っておいて良かったと思っています。

 

f:id:otona12:20171121150134j:plain

 

Yahoo!知恵袋で「ムートンブーツ 流行」を検索すると、「ムートンブーツは流行遅れですか?」的な質問が次々に出てきます。それに対する回答は「ムートンブーツは防寒対策の必需品で、流行には関係ない定番アイテムです。」というのがほとんど。

 

この質問と回答は、例えば「ダウンジャケットやスヌードは流行遅れですか?」と同じことじゃないでしょうか。確かにムートンブーツが広まったのはUGGの人気からでしたが、時代とともに定番化すれば、冬の生活必需品の範疇です。

「おとなにはふさわしくない」ではなく、この記事を書いたライターさんご自身のブームが終わっただけかもしれません。

 

薄いダウンジャケット、チェックシャツ、デニムのタイトスカート、ムートンブーツのコーデは、おしゃれとは程遠いと書いてありましたので、本当にそうか試してみます。

 

f:id:otona12:20171121172505j:plain

 

 着ているのは、ユニクロの「ウルトラライトダウンシームレスパーカ」と「フランネルチェックシャツ」、Dsquared2のデニムタイトスカート、そしてUGGのムートンブーツです。NGを出されたアイテムを全部揃えてコーデしました。

 

ではこれをライターさん御指南の通り、きちんと感のある靴に代えてみます。

 

f:id:otona12:20171121172616j:plain

 

 分かりづらいと思いますので、並べて比較します。きちんと感のある靴は確かに足が長く見えますが、よりオバサンっぽく、ちぐはぐに見えませんか?

 

f:id:otona12:20171121173045j:plain

 

ムートンブーツが短足に見えるなら、私はもう一工夫プラスします。このあいだ記事に書いた、あるアイテムを足しました。

 

 

 

 

タイツとブーツとの間に入れたのはアンクルウォーマー。折り返して白い部分を見せることで、足とブーツとの境目をごまかしました。これで足の太さ問題は遠のきます。

アンクルウォーマーは、裏地の白さだけが目立たないよう、首元にも白いニットのマフラー。上半身に目が行ってバランスが取れます。

 

f:id:otona12:20171121174138j:plain

 

手袋代わりにもなるアンクルウォーマーの記事です。

www.connoisseur12.com

もっと寒くなったら、GUの「ウールブレンドチェスターコート」を重ね着。手持ちアイテムをいかに組み合わせるかで、おしゃれ度は七変化します。もしもムートンブーツがトレンドから外れたとしても、カバーする方法は幾らでもあるのです。

 

そうそうこのコート、水色は売り切れで人気爆発。プレミアがつき、定価4,990円がメルカリで8,000円になってました。お得な買い物をしたと嬉しくなっています。

 

f:id:otona12:20171121174700j:plain

 

これから日に日に冷え込んでいきます。大人になるほど寒さには弱い。風邪を引かないためにも、せっかくの防寒アイテムを捨てたりせず、鏡の前であれこれと知恵を絞ってくださいね。