歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

もう1本パンツを買うなら青みがかったピンクで大人っぽく

今年の流行色はグリーンですが、私の中では既にブームが終わってしまい、今はピンクに目が行っています。少女らしい甘いピンクじゃなくて、大人の女が着られる青みがかったピンク。フューシャとかラベンダーピンクです。

 

一枚でサマになるピンクのパンツが欲しくて、偶然にもドゥクラッセ(DoCLASSE )で見つけたのですが、売り切れ状態でした。それがいつの間にか補充されているのを見て即ゲット。「ストレッチ・センターラインパンツ」3,990円で、カラーはライラック。シリーズ累計10万枚を突破したという大人気の美脚パンツなのです。

 

f:id:otona12:20180626094614j:plain

ストレッチ・センターラインパンツ

 

施された美脚テクニックはセンタープレスと脇のシーム。横から見ると、縫い目がミリ単位で前に移動しているのが分かります。これが細見え効果をもたらすんですね。

 

f:id:otona12:20180626095045j:plain

 

綺麗なライラックというだけで小細工は不要。昨日の記事で着た「UVスラブ・ファネルネックフレンチ」のオフホワイトとシンプルにコーデしました。トップスと同じ色味のパールをアクセサリーにして、クラス感を高めます。

 

f:id:otona12:20180626095419j:plain

 

柄物を持ってきたのが次。流行のギンガムチェックのトップスには絶対似合うと思ったので、さっそくコーデしてみますね。

 

 

 

甘すぎないブラックを選んだジーユー(GU )の「ギンガムチェックスキッパーブラウス(半袖)」は、今は1,490円が790円に値下げされています。

あえて裾をパンツの中に入れて着てみました。ベルトループがないので、トップスを上に被せて着るタイプなのでしょうが、レギンスっぽくはなりません。腰回りがピタッとしているのに、太ももには適度なゆとりがあります。

 

f:id:otona12:20180626100322j:plain

 

この上にジャケットを着れば、お仕事にも行けます。ピンク以外はモノトーンでまとめたいので、セオリー(Theory icon)のリネンジャケットも黒にしました。

 

f:id:otona12:20180626100800j:plain

 

ピンクが着られるのは20代までという意見もありますが、肌の色がくすんでくる40代以降こそ必要な色だと思うのです。それを「イタい」なんて言う人は、歳を取ったらどうするんでしょう。

 

最初は顔から離れた位置で着ることから始めて、徐々にトップスやワンピースと慣らしていけば、色が自分に似合ってくれるようになります。そのためにも幅広いピンクの色味の中から、肌にピタッとくる究極の一色を探してくださいね。