40代 大人カジュアル

歳を隠すのをやめました

40代からの大人カジュアルコーデ|プチプラ&ハイブランドミックス最新ファッション

スポンサーリンク

ベイクドカラーのニットが華やぐには? ボトムスにメリハリのあるアイテムをプラス

みんながニットを着始めた今の時期、いちばん重宝するのは薄すぎず厚すぎない生地で、洗濯機で洗えるものです。

 

私がイロチ買いで揃えているのが、ピエロ(Pierrot)の定番「UVカット&ウォッシャブル2typeから選べる長袖リブニット」(1,790円 送料無料)。今年はピンクのVネックを買い足しました。

 

f:id:otona12:20181013115915j:plain

UVカット&ウォッシャブル2typeから選べる長袖リブニット

 

カラーは19色あり、Vネックかボートネックかを選べます。

 

f:id:otona12:20181013115953j:plain

 

今年の新色のピンクは、モデルさんが着ている色のほうが実物に近いかも。流行のベイクドカラーで、スモークがかったピンクが大人っぽくて、顔がふんわりと明るく見えます。

 

f:id:otona12:20181013115934j:plain

 

ベイクドカラーはグレーと合わせるとクラス感が増します。セオリー(theory icon)のパンツと、グレーのシューズ、シルバーのベルトでコーデしました。

首元には遊びを入れて、ピンクのビーズネックレスをしています。

 

f:id:otona12:20181014025923j:plain

 

去年は同じニットで、ベリーというカラーを購入しました。ピンクに比べるとインパクトが強すぎて、今年向きではないような。

 

f:id:otona12:20181013120530j:plain

 

プチプラのお洋服は一年で捨ててしまうかもしれません。でも洗濯や紫外線に耐えるほどのクオリティなら、あくるシーズンに役立ってくれることが多々あります。

 

 

 

 

定番となったジーユー(GU )のギンガムチェック、「2WAYストレッチテーパードパンツ」とのコーデです。ウエストが間延びしないよう、脚が短く見えないよう、細いベルトで区切り線を入れています。

 

f:id:otona12:20181013120643j:plain

 

 この区切り線に使うベルトの幅が難しくて、10分ほどいろんなベルトで試行錯誤しました。幅が太いと昭和時代のように田舎くさいし、細いとお腹の贅肉が膨らんでたっぷりと目立ちます。

 

www.connoisseur12.com

トップスを外に出すか、中に入れるには悩んで鏡の前で試行覚悟しています。コーデの正解はないのですが、憧れはピエロ(Pierrot)に去年も出ていたグリーン系コーディネート。微妙に色合いをずらして、でもすべてがグリーンにまとめたコーデは美しすぎます。

 

f:id:otona12:20181014030323j:plain

UVカット&ウォッシャブル2typeから選べる長袖リブニット

 

たった1,790円 のニットが、この秋はベイクドカラーの主役として使えるのに驚きました。今はグリーン ON グリーンにトライする機会を狙っています。おしゃれって、お金が許す限りは最高の趣味だと思います。