読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


大人可愛くカーキ色をコーディネート

ミリタリールックっていう用語は今でも通用するんでしょうか、たぶん死語になっていますよね。陸軍の制服カラーであるカーキ色は、デミ・ムーア主演の映画『GIジェーン』を見て憧れましたが、私が着るとなぜか刑務所の女性受刑者になるのです。筋肉質で日焼けした肌じゃないと似合わないのでしょうか。

 

f:id:otona12:20160620155009j:plain

 

パーソナルカラー診断によると、私はウインタータイプ。顔うつりがいいのは白、黒、赤、ロイヤルブルー、マゼンダといった濃くて鮮やかな色です。本当はナチュラルカラーのベージュやブラウン、特にカーキを都会っぽく着こなしたいのに、貧乏くさくて顔色の悪いオバサンに見えてしまいます。

年齢制限に引っかかる前に、着るなら今しかない。顔から離れた位置にあるボトムスなら、うまく取り入れられそうです。

 

先月、友人たちとウォーキングに出かけたとき、沢山歩くのだから汚れてもいいようにと、理由を見つけてカーキのパンツを履きました。YANUK(ヤヌーク)のスキニーパンツは黒のTシャツをインにして、黒のベルトとスニーカー、JOIE(ジョア)の肩章付きジージャン、ついでにカーキのキャップをかぶってミリタリーな気分を盛り上げます。

 

 

 

 

どこかに大人の女らしさが必要だな。差し色にトルコ石のピアスをして、フェンディのグリーンのバッグを持つことにしました。まとめすぎないことが野暮ったさを脱する秘訣で、どこかに違和感をプラスすると今っぽくなるのです。

 

f:id:otona12:20160620161419j:plain

 

この日は逗子から2時間かけて深大寺に到着。名物のお蕎麦を食べてから、植物園で薔薇を鑑賞しました。お日さまをいっぱい浴びて、服と帽子にふりそそいだ日向のにおいがお土産でしたよ。

 

f:id:otona12:20160620162306j:plain