歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


レビュー数の多いパーティーボレロは止めました

ちょっと早めの誕生日祝いをと、知人がイタリアンのフルコースディナーをプレゼントしてくれました。丸ビル最上階の極上レストランには何を着て行こうかと、クローゼットを眺めて決めたのは黒のノースリーブワンピース。これにはジャケットでなく、ニットのドルマンスリーブを合わせる術をよく使っていましたが、今回はもう少しラグジュアリーにしたいなと考えました。

 

f:id:otona12:20161219114916j:plain

 

まずはNGバージョン。ずっと前に楽天で買って封印していたフェイクファーのパーティーボレロは、やっぱり着られません。若い女性が揃って振袖の襟もとに巻く、白い羽毛ショールに通じるものがあって、安っぽいイメージを感じるのです。二の腕を隠そうという意図も丸見え。レビューが多いものほど買うべきではないと気付きました。

 

f:id:otona12:20161219115627j:plain

 

そこでパーティー用ではなく、普段使いもできる2種類のストールを試してみました。左はミンクっぽい黒のフェイクファーが埋め込まれたタイプ(銀座マギー)、右はウールにキラキラのラメが織り込まれたタイプ(トゥモローランド)です。

 

f:id:otona12:20161219120429j:plain

 

黒のストールは前でクロスして垂らすと、フェイクファーの部分がちょうど袖のようになってゴージャスです。

 

f:id:otona12:20161219120459j:plain

 

青のストールは肩を出し気味に、ふんわりと羽織ります。

 

 

 

 

f:id:otona12:20161219120909j:plain

 

あれこれ考えた結果、ベルベットのジャケット(パオラフラーニ)を着た上に、黒のフェイクファーストールをかけて出かけました。暖房のきいた席ではジャケットを脱いでストールを肩にかけ、ちょい肌見せのスタイルに変身します。

 

f:id:otona12:20161219121506j:plain

 

周りの女性たちとかぶらないよう、あえてパーティーウェアじゃないものをアレンジして着こなすのが、おしゃれの穴場かもしれません。