読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


ヘナで染めてから嬉しいことづくめの髪

ヘナで髪を染めるようになってから、10カ月ほどが経ちました。シャンプー後のドライヤーはとても楽。手ぐしで雑に乾かすだけなのに、指通りがよくサラサラの髪になって、天使の輪らしきものが出来ています。

 

f:id:otona12:20170103145417j:plain

 

終電に間に合わなくてホテルに宿泊するとき、シャンプーとリンスはバスルームに備え付けのものを使いますが、影響は受けません。コツコツと頑張ってきた石鹸シャンプーとヘナのおかげで、コシがある健康な状態を維持しています。以前はブラシで梳かすとパチパチと音がしていた静電気とも無縁になりました。

 

ヘナはいろんなメーカーから、100g(私の髪の長さで2回分)が2千円前後で出ています。売れ筋のナイヤードを皮切りに、グリーンノート、マック、イフズプランニング等を試してみましたが、今はナイヤードヘナ+木蘭(インディゴ)ひとすじです。コスパを考えて4パック入り(400g)の4,270円をAmazonで購入するようになりました。

 

f:id:otona12:20170103150932j:plain

 

染め方の手順は、5月にアップしたブログと殆ど変わっていません。髪に塗布後、ドライヤーで5分間温めるのをサボっていますが、アルミキャップを被って保温しているせいか、色の馴染み方に差はないようです。

 

www.connoisseur12.com

一つだけ大きく変えたのは、染める頻度。

 

 

 

 

2週間に1回だったのを改めて、5日に1回を2~3度繰り返し、充分にヘナが髪に浸透したのを確かめてから、また間隔を延ばすようにしました。こうすると生え際だけ白茶けていたのが改善されて、色の持ちがよくなったように感じています。

 

インディゴ配合のヘナで染めた髪はドライヤーで乾かすと、指まで濃い緑色に染まるのですが、ナイヤードは最初の1回だけ。いつまで経っても色が移染する他のメーカーに比べて、乾かすのが楽です。

塗布後に髪を覆うタオルも、洗髪のときに一緒に洗えば綺麗になるので、何回も使い回ししています。

 

8月に美容院でやってもらった縮毛矯正は、半年過ぎれば髪の立ち上がりの癖がよみがえっているはずなのに、まっすぐ伸びたままです。これはマルセイユ石鹸でのシャンプーのおかげか、それともヘナで染めているおかげか分かりませんが、たぶん相乗効果で嬉しいことづくめ。伸ばして久しぶりにロングヘア―に戻そうかなと考えています。

 

f:id:otona12:20170103152535j:plain