歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


ボーダー柄の綿ジャケットがあればオールマイティ

この服いいなと思ったとき、私がお財布を開く最後の決め手となるのは、洗濯表示のタグです。服の値段よりもクリーニング代の方が高くつくのは本末転倒。特に汗をかく季節は、外出着でも自宅で洗濯できるものを探します。

 

助かっているのがトゥービーシック(TO BE CHIC)のジャケット。綿72%、リヨセル28%の春夏物ですが、水洗い30℃の表示で、洗濯機洗いできるのです。

 

f:id:otona12:20170517125950j:plain

 

白に濃紺のボーダーで裏地なし。写真では分かりにくいですが、袖口のボダンホールが一か所だけ赤い糸になっていて、爽やかなマリン風です。

 

家で洗えると分かったら、オンにもオフにもどんどん着倒します。オフィシャルなお出かけには、Banana Republicの定番のVネックTシャツとクロップド丈パンツで、足元は紺色のラメ入りパンプス。インナーをジャケットの裾から出して着るのが、今っぽく見える着こなしです。

 

f:id:otona12:20170517130257j:plain

 

f:id:otona12:20170517132529j:plain

 

www.connoisseur12.com

 

そしてカジュアルなコーデは、ボーイフレンドデニムとミネトンカのモカシンシューズ。先日買ったGUのグラフィックアートTシャツにも合います。白地の多い細めのボーダーは、何にでもコーデできるのが優れたところです。

 

 

 

 

f:id:otona12:20170517130756j:plain

 

f:id:otona12:20170509192401j:plain

 

もうひとつ、まさかのコーデ。色違い&幅違いのボーダーとボーダーを組み合わせてみましたが、違和感はないと思います。

 

f:id:otona12:20170517131123j:plain

 

インナーに着たのは、一昨年にBanana Republicのセールで買ったカットソー。裾にスリットが入って、前後の長さが違うものを買っておくと、短い丈の上着とレイヤードをするときに重宝します。

ボトムスはDSQUARED2のデニムスカート、今年流行しているGUのバブーシュを履きました。ワンポイントでトレンドを持ってくると、これ見よがしでなくコーデが若々しくなりますよ。

f:id:otona12:20170221152454j:plain