歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

どんな年代でも履ける真っ赤なフレアスカート

自分で言うのも何ですが、赤が似合うと周りから言われます。でも還暦の象徴カラーを着るには気恥ずかしさが伴うんですよね。そのせいか赤い手持ちアイテムはトップスばかり。これが最後のチャンスかもしれないと、何十年ぶりかでスカートを買ってみることにしました。

 

ショップは以前、フレンチリネンのシャツを買ったEvereen(エブリーン)。40代以上の大人の女性をターゲットにして、気になる体型をカバーしながら、オシャレを楽しめるデザインを制作販売しているブランドです。

 

f:id:otona12:20170601154128j:plain

 

選んだのは「タイプライターヘム変化スカート」という、後ろが長いデザインです。どう見てもド派手な色合いだし、年甲斐もないフレアスカートですが、涼しそうな素材(表地/綿100%・裏地/ポリエステル100%)で、5,990円に惹かれました。

 

購入に至ったきっかけは、講談社の「おとなスタイル」(2017年 夏号)で見た「おとなの夏は清潔感で7歳若返る」のページ。黒のトップスに合わせた赤いミモレ丈のスカートがとても素敵で、私の歳でもおかしくないと背中を押してくれたからです。

 

まずは「大人スタイル」を参考に、レースの紺色のトップスとコーデ。モデルさんがノーアクセサリーなのを見て、飾りものはフープピアスだけにしました。張りのある赤いスカートが主役なのですから、他に余計なものは要りません。

 

f:id:otona12:20170601160531j:plain

 

 スカート丈が絶妙で、これなら子どもっぽくなりませんね。しかも腰が広がりすぎない仕立て方なので、お尻が大きく見えません。

 

赤はベージュとの相性も優れています。以前GAPのセールで買ってヘビロテしている、オートミールカラーの春夏ニットにコーデしてみます。

 

 

 

 

f:id:otona12:20170601160608j:plain

 

キワキワまで開いたVネックですが、あえてキャミソールは着ずに、赤いスカートとシンプルコーデ。ベージュのパンプスで大人っぽさを添えます。

 

以前に記事を書いたユニクロのフレアスカートは、子どもっぽさを脱するためにタイツを履いてコーデしましたが、このエブリーンのスカートなら素足でも充分に大人っぽいですね。下のコーデと比較してみてください。

 

www.connoisseur12.com

着こなしが難しいと思っていたフレアスカートで、しかも赤。大人服を研究しているEvereen(エブリーン)さんに勇気を貰ったので、堂々と着て歩こうと思います。