歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

着ない服・捨てる服には自分なりの理由があること

服の断捨離については、沢山のHow to本が出ています。3年着なかったら処分とか、同じ色を何枚も持っていたら1枚は捨てましょうとか、アドバイスはいろいろ。でも他人の意見に従って後悔しませんか。

 

以前もこのブログに書きましたが、私は大まかに「好きか嫌いか」の基準で決めることにしました。細かい理由にカテゴリー分類は必要なく、その都度違っていいのです。

 

このブルーと黒のワンピースは「嫌い」に入ります。理由は生地と色に品がないから。

 

f:id:otona12:20170904181910j:plain

 

でもこちらのブルーのワンピースは「好き」。理由はシンプルで高級感があって、どんな場にも着て行けるからです。

 

f:id:otona12:20170904182135j:plain

 

ミニで膝が出てしまっても、濃い色のタイツを履いたり、パンツとコーデしたり、着るバリエーションはいろいろ考えられます。

 

昨日のコーデでも使ったように、リバーシブルベルト(UNITED ARROWS「グリーンレーベル リラクシング」)のグレーの裏面を見せて、パンツもピエロ(Pierrot )の「360°美脚見えストレートパンツ」のグレーで統一。ワンピースがチュニックに変わりました。

 

f:id:otona12:20170904182549j:plain

 

 たいていの方が持っているボーダーのカットソーも、千差万別です。これは3月に買ったGUのボーダーTシャツですが、ある部分が「嫌い」。

 

f:id:otona12:20170904183711j:plain

 

着て鏡を見ると「やっぱりやめた!」になるのは、横を向いたときです。

 

 

 

 

やたら腕の付け根が太く見えるんですよね。「シマウマの太ももみたい」と思ってから、着る気が失せました。

 

f:id:otona12:20170904184030j:plain

 

その一方で、ピエロの「2ネックから選べる “ゆるらく”Tシャツ」は、同じボーダーなのに「好き」。ストライプの幅がエグくないので、品があるからです。

 

f:id:otona12:20170904184349j:plain

 

横から見ても、腕がシマウマになっていません。超プチプラなのにこのTシャツは、取っておく部類に入りますね。

 

f:id:otona12:20170904185240j:plain

 

服を捨てるのはいつでも出来ます。でもせっかく縁があって買ったのだから、人の理由に従うのではなく、自分で納得する理由で断捨離したいと思います。