歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

一生もののカジュアルアウターはメルトン素材&ウールモッサ素材

12月に入ると、さすがにコートなしでは歩けません。保温性ではダウンコートに勝るものはないのですが、私が去年いちばんよく着ていたのはピーコートです。

 

オールドイングランドの定番。裏生地はついていないのに、上質なメルトン素材が温かくて、首にマフラーを巻けば真冬でも大丈夫です。ダウンは室内で脱いだときに嵩張って邪魔ですが、この手のコートは膝の上に置けるので便利です。

 

f:id:otona12:20171203171112j:plain

 

去年はこんなコーデをしていました。わざと昭和っぽく、千鳥格子のパンツにピーコート、真っ赤なマフラーで顔回りを若々しくします。

 

f:id:otona12:20171203171758j:plain

 

ダッフルコートやピーコートなどに使われるメルトン素材は、フェルトみたいに圧縮されているので保温性が高く、水をはじく撥水性もあります。なので軍服やスタジャンにも使用されています。

 

ネットで手軽に買えるメルトン素材のコートを探しました。フードつきのジャージメルトンは、by drawer(バイドロワー) のアイテムで、13,500円。

ウィークリーランキングのNo.1で、黄色は売り切れ、ブラックと赤みがかったベージュがあります。今年は厚手のニットが流行していますので、このコートだったらキツキツになりませんね。

 

f:id:otona12:20171203172239j:plain

f:id:otona12:20171203172254j:plain

ジャージメルトンフードコート

 

私はもう一枚、赤のピーコートもヘビロテしています。ラルフローレンのメルトン素材です。

 

 

 

 

f:id:otona12:20171203174419j:plain

 

さすがに真っ赤なロングコートを着て歩く年齢でもないので、スポーティーなピーコートで手を打ちました(笑)

ギリお尻が隠れる丈ですから、冷たい風に吹かれても大丈夫。海辺のレストランに行くときには、暖かそうなマリンルックのコーデをします。

 

f:id:otona12:20171203173340j:plain

 

こうした昔ながらの素材の定番服は、破れない限り何十年でも着られるのがメリットです。

ユナイテッドアローズ(green label relaxing) 」で売っているフレンチカジュアルの老舗、ダントンのウールモッサ(25,920円)もおススメです。ユニセックスのワークウエアブランドなので、カップルで色違いを着るのもステキですね。

 

f:id:otona12:20171203175313j:plain

f:id:otona12:20171203175818j:plain

f:id:otona12:20171203175327j:plain

DANTON ウールモッサ フード コート