歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

無地のトップスはボーダー柄マキシスカートで若見えコーデ

無地のトップスが多い方にとって、持っているとコーデに役立つのがボーダー柄のスカートです。ただし膝上はせいぜい20代まで。中途半端な丈のボーダーは田舎っぽくなるので、おしゃれするならマキシ丈がおススメです。

 

私は去年の6月に買ったピエロ(Pierrot ) の「スウェットボーダーマキシスカート」を再開。1,880円という安さでしたが、ポリエステル65%・綿35%の素材はサラリとしているのに透けません。縁取りのついたポケットが可愛くて、つい手を入れて歩いてしまいます。

 

f:id:otona12:20180505161339j:plain

スウェットボーダーマキシスカート

 

f:id:otona12:20180505162407j:plain

 

去年は夏の終わりに大人っぽく、ダークブラウンのツインニットと合わせていました。

 

f:id:otona12:20180505162441j:plain

 

今の季節は若々しく、トップスには鮮やかなブルーのカットソーを持ってきます。これは Banana Republicで一昨年に買ったものです。

ストレッチ素材が入っていない綿100%は、肌に密着しないのでエッチっぽくなりません。気に入ったら替えを追加購入しています。大人が着られるビビッドなカラーは買おうと思っても見つからず、捨ててしまうと後悔するんですよね。

 

f:id:otona12:20180505162621j:plain

 

上下を柔らかな素材にしたので、上にはデニムジャケットを着ます。若い人たちとかぶらないよう、デザイン性のあるジャケットで高見え効果を狙います。

 

 

 

これはJOIE(ジョア)の肩章付きデニムジャケット。10年以上前に買ったものですが、細見えするデザインと計算された色落ち感のおかげで、たぶん一生着られると思います。

 

f:id:otona12:20180505163616j:plain

 

春夏は白のデニムジャケットも活用度が高いです。着ているのは Banana Republicの「Stay White クラシック デニムジャケット」11,000円。

ちなみに私はこのスタイルで、介護施設にいる父のお見舞いに行ったのですが、看護師さんに「お孫さんですか?」と聞かれてとても嬉しかったです(笑)

 

f:id:otona12:20180505163405j:plain

 

似たような形でピエロ(Pierrot )からも、「デニムジャケット」(3,500円)のホワイトが出ていました。デニムの白は顔映りがいいので、一枚持っていると華やいだ気分でお出かけできますよ。

 

f:id:otona12:20180417183920j:plain

デニムジャケット