40代 大人カジュアル

歳を隠すのをやめました

40代からの大人カジュアルコーデ|プチプラ&ハイブランドミックス最新ファッション

スポンサーリンク

大人コーデのオールブラックは生地の素材と厚みに注意

ほどんどのショップでは夏物SALEのコーナーが縮小して、早々と秋物が並び始めました。ur's(ユアーズ) から届いた案内は「大人女子のマスト!ブラックアイテム特集」。

 

大人女子のマスト!ブラックアイテム特集

 

黒は素材の良し悪しが分かりやすい色なので、貧乏くさく見えないものを買うにはコツがあります。プチプラで購入する場合は、生地の拡大図と厚みをチェック。できればウールや綿の比率が高いものが望ましいのですが、ポリエステルであってもペラペラでなく、テカっていないものを選びます。

 

ブラックアイテム特集のラインナップからおススメしたいのは、「マル首フレンチスリーブニット」3,190円。しっかりとしたレーヨン100%で、ネックと袖口がリブ編みになっているところが高見えします。

 

f:id:otona12:20180811130043j:plain

f:id:otona12:20180811130057j:plain

マル首フレンチスリーブニット

 

フレンチスリーブと言っても、二の腕の中間まで落ちる長さなので、アラを隠してくれるのがいいですね。

丸首ニットも合格。歳を重ねた人の場合、首が詰んだトップスは身体にぴったりしたものを着ると、首から下の贅肉が目立ってしまいます。これぐらいのゆったり感があると、身体が泳いで細見えします。

 

大人が着るなら、オールブラックのコーデも暑苦しくなりません。ただし喪服に見えないためのテクニックは必要。

 

 

 

昨日の記事で紹介したピエロ(Pierrot)の「キャンディスリーブ 後ろギャザーブラウス」2,590円と、黒が得意なブランド、セオリー(Theory icon)のクロップド丈パンツをコーデしました。

差し色には渋めな赤のビーズネックレスとパンプスで、華やぎ感をプラスしています。

 

f:id:otona12:20180811131627j:plain

キャンディスリーブ 後ろギャザーブラウス

 

ご覧いただいて分かる通り、一口に黒と言っても色は微妙に違います。同じブランドでセットアップにすると喪服になってしまうので、店も素材もばらけたほうが良いのです。

 

ただし注意すべき点は、厚みがあってテカらない素材を選ぶこと。そして差し色としてアクセサリーやカーディガン、シューズを効果的に使うこと。このポイントを押さえておけば、黒は買い足すのが楽しくなっていくカラーだと思います。

 

www.connoisseur12.com