大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

本ページはプロモーションが含まれています。また、記載した価格は変更になっているものがあります。

デコルテを出すならVネックセーターよりカーディガンがきれいに見える


NHKあさイチ、10月4日「プレミアムトーク」のゲストは、スタイリストの大草直子さんでした。おしゃれ更年期の処方箋で実例を見せてくれたのが、タートルネックとVネックの差。

 

あさイチの大草直子さん

 

身体にも顔にも丸みを帯びてくる30代後半からは、あごのラインが目立つタートルネックより、デコルテを見せるVネックのほうが輝いて見えるのだそうです。その理由はデコルテはレフ版だから。撮影に使うレフ版のように、開いた胸元が反射することで、首から上の凸凹が滑らかに見えるんです。

 

さっそく私もトライしました。ダナ・キャランの黒いVネックセーターにLEVI'S(リーバイス)のデニムパンツ(MADE&CRAFTED 701 )を履くシンプルなコーデ。

 

Vネックニット

 

Vネックは大きく開いているほどレフ版効果があるのですが、ニットをウエストインすると生地が引っ張られて、シャープなVになりません。ウエストのもたつきも気になります。

 

そこで、大草直子さんが披露されていた写真からアイデアをもらいました。カーディガンを一枚で着て、Vネックにすればいいんですね。

 

タートルネックとVネック

 

 トップスをヴェルサーチのVネックカーディガンに替えました。裾を外に出して、いちばん下のボタンを一つ外すだけで、パンツのウエストが見えて足長効果が出ます。

 

 

 

カーディガンをVネックニットとして着る

 

カーディガンをVネックセーターのように着て、なおかつウエストの外に出しても野暮ったくならないためには、丈が短すぎず長すぎず、生地も厚ぼったくないのを選ぶ必要があります。閉じたボタンとボタンの間が開かないよう、身体に合うサイズを選ぶことも大事です。

 

洗練されていると思ったのは、ラコステ(LACOSTE)の「横畝リブニットカーディガン」。綿100%でお手入れは楽だし、サイズは4種類。控えめに同色で入ったワニのマークにクラス感があります。19,800円  → 13,860円になっていました。

 

横畝リブニットカーディガン

横畝リブニットカーディガン

横畝リブニットカーディガン icon

 

そして胸元を見せるからには、首の横ジワやデコルテに散らばるシミを作らないことが大事。どちらも老人のお印ですから、紫外線によるシワ・シミを防ぐためのUVケアは欠かせません。昨日のブログの最後に書いたように、美容液も朝晩つけています。

 

シミとシワのないデコルテをキープする

 

子ども時代から続けてきた首のシワ対策については、3年ほど前に記事を書きました。この時は美容院で縮毛矯正をした翌日に、写真を撮ったようです。今は白髪染めも縮毛矯正もやめてしまいましたが、身体の若さを保つ努力はやめていません。

 

この年齢になっても首に横ジワがないのは、背筋を伸ばした姿勢を常にキープすること、ペタンコの枕で眠ることを続けてきたからでしょう。・・って、自負しております。いつもシャンとしたスタイルで。丸みを帯びるのは心だけでいいと思うのです。

www.connoisseur12.com