歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

持て余すニットの裾はどこに入れる?

去年までは流行していた(と思う)トップスの前裾をボトムスにインする着こなし方。急にカッコ悪いコーデになってしまいました。

 

これが去年までの着方です。ur's(ユアーズ) の「オーバーニットプルオーバー」の前裾を、STYLEST (スタイレスト)の「綿ツイルベイカーパンツ」に入れています。Tシャツもブラウスも、こんなふうに着ていました。

 

f:id:otona12:20180310165021j:plain

オーバーリブニットプルオーバー

 

ボトムスの流行はローライズからハイライズに移行してしまい、オーバーサイズのトップスは裾の扱い方に悩んでしまうんですよね。

 

中に押し込めるとモコモコしてカッコ悪いので、外側に出してみました。幅が広いパンツの場合、足が短く見えてしまいます。

 

f:id:otona12:20180310165420j:plain

 

困ったなと思っているときに見つけたDomaniの記事。裾のたるませかたのアドバイスがありました。

domani.shogakukan.co.jp

引用します。

ウエストはUの字を描いてスタイルアップ。ニットはすそのあしらいが着こなしのカギに。最近多い、ゆったりサイズのニット。すその両サイドを少しだけ上げ、フロントをUの字にして着てみて。するとお腹まわりをカバーするだけでなく、太もも部分がすっきり見え、さらに脚長効果にも。こういった着方の工夫が、〝抜け感〟のある着こなしへとつながる。自分の体に合うバランスを見つけたい。(Domani1月号 で、結局「抜け感」って何ですか? より)

 

 そうか、前裾をインは「A」の字でしたが、次は「U」の字にすればいいわけですね。さっそくやってみました。

 

 

 

 

f:id:otona12:20180310165731j:plain

 

ボトムスが腰まで見えると、足長効果がありますね。これは取り入れたい方法です。横から見ると、お腹がカバーされるメリットが!

 

f:id:otona12:20180310170242j:plain

 

このコーデで使っているバッグですが、Bababa Republicのベストセラーです。嬉しい仕掛けがあるのについては、明日の記事にアップしますね。