40代 大人カジュアル

歳を隠すのをやめました

40代からの大人カジュアルコーデ|プチプラ&ハイブランドミックス最新ファッション

スポンサーリンク

年末年始の宴会には洗えるウェアで GUのスウェットフルジップパーカ

年始年末は宴会が多く、コートの下に着るものに悩みますよね。暖房が効いている室内では、もこもこのローゲージニットなど着て行くと、汗をかいても脱げないなんてことになります。

私はこの時期に多用するのが、GUの「スウェットフルジップパーカ」。1990円の定番で、毎年少しずつ色のチェンジがあるようですが、ベーシックカラーのグレーと紺はクローゼットにキープしています。

 

f:id:otona12:20171211120825j:plain

 

ドラマ「昼顔」で、上戸彩さんが着ていたのは「スウェットフルジップパーカ」のオフホワイト。どこのブランドだろうと噂が飛び交いましたが、まさかのGUとは驚きました。レジ打ちパートの主婦という設定なのですから、高価なブランドは使いませんよね。

 

f:id:otona12:20171211120127j:plain

 

私はGUではSサイズがちょうどいいのですが、これはMサイズがピッタリでした。Lサイズにしようかと思いつつ、パーカは歳をとってブカブカを着ると老けて見えるのでNGです。下の記事では春のおしゃれバージョン、そして夏の冷房対策バージョンのコーデを載せました。

 

www.connoisseur12.com

www.connoisseur12.com

今回は冬バージョンを幾つか載せることにします。

 

私の中で定番化しているのが、ハイネック(タートルネック)セーターの上にパーカを着るパターン。ワイワイと集う宴会では鍋の汁が飛んだり、食べ物を落としたりして、服を汚しがちです。洗濯機で洗えないウールニットの上に、洗濯機で洗えるパーカを着ておくと、食べこぼし対策になるのです。

 

Uniqlo Uの「3Dメリノリブモックネックセーター」と「3Dメリノリブスカート」の上にパーカを着たスタイル。ニットワンピの上にも相性が良く、特にGUの「スウェットフルジップパーカ」はファスナーがゴールドなので、高級感があります。

 

f:id:otona12:20171211153220j:plain

 

アウターにはピーコートを着て、チェックのカシミアマフラーをアクセサリー代わりにプラスしました。

 

f:id:otona12:20171211153753j:plain

 

 次の画像は紺色のパーカでコーデしました。こちらはなぜかファスナーがシルバーだったのですが、そのときのロットによって変わるみたいですね。

 

 

 

 

タートルネックはピエロ(Pierrot )の「選べる3ネック2丈 カシミアタッチニットトップス」。WEBサイトを見ると上位ランクに入っていて、在庫も残り少ないようです。やはり人気の高い「シンプル無地マキシスカート」とコーデしました。8月に購入したアイテムですが、厚みのある生地なので冬でも履いています。

 

大人数での宴会は靴を脱いでお座敷に上がることも多いので、こうしたマキシスカートは便利。スカートの中で、足をどう崩そうとバレませんからね。

 

f:id:otona12:20171211153915j:plain

 

www.connoisseur12.com

www.connoisseur12.com

 

パーカと相性がいいアウターとして、ライダースジャケットを上に着ました。寒ければこの上にダウンも重ねて、温度調節が自在にできるようにします。絶対に風邪をひきたくない時期ですから、冷えることも汗をかくこともないように用心したいものですね。

 

f:id:otona12:20171211160054j:plain