大人可愛い 50代

歳を隠すのをやめました

40代50代からの大人カジュアルコーデ|プチプラ&ハイブランドミックス最新ファッション

スポンサーリンク

失敗しないベージュの色まとめコーデ

昨日に続いて色のお話。コーデによっては老け見えするけれど、うまく着こなせばクラス感が一気に上がる色が「ベージュ」です。

 

一口にベージュと言っても、透明感があるもの、黄味がかったもの、ピンクがかったもの等、肌に乗せるまで似合うかどうか分かりません。

なので私はベージュのニットは、Vネックやカーディガンを買うようにしています。中に白のTシャツを着たり、パールのネックレスをすれば、白のワンクッションが顔色を明るく見せてくれるからです。

 

オールベージュにチャレンジするベースのコーデは、フィフス(fifth )の「コンパクトリブニットカーディガン」(3,046円)とドゥクラッセ(DoCLASSE )の「裏起毛カルゼ・セミワイド」5,990円。

Tシャツ、パールのネックレス、スニーカーを白にすることで、「くすみ」を防いでいます。

 

f:id:otona12:20181208110404j:plain

f:id:otona12:20181208110826j:plain

コンパクトリブニットカーディガン

 

f:id:otona12:20181208110839j:plain

裏起毛カルゼ・セミワイド70cm


キャメルもベージュの仲間。フィフス(fifth )の「ロングニットマキシガウン」5,731円を上に着て、ベージュのグラデーションを作ります。

 

f:id:otona12:20181208110425j:plain


f:id:otona12:20181208131252j:image

ロングニットマキシガウン

 

コートを薄いベージュに変えてみましょう。

 

 

 

上に着たのはドゥクラッセ(DoCLASSE )で大人気、3キロ痩せて見えるダウンの「マジカルサーモ・フードコート」9,990円、そして流行している中綿ストールの「パディング・ストール」4,990円です。

 

f:id:otona12:20181208111116j:plain

マジカルサーモ・フードコート

パディング・ストール

 

こうしてバラバラのベージュを繋ぎ合わせる、接着剤としてのカラーは何が良いかですが、肌がくすみがちな40代からは白、青、赤、黒などのはっきりした色がオススメ。

アクセサリーは高見えするものを選んで、クラス感を上げてくださいね。