大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代からの高見え大人カジュアルコーデ|若見えエイジングケア美容

50代女性ジーンズコーディネートは甘辛ミックスがおすすめ


私のブログを見て下さる方から、ジーンズのコーディネートについて質問を頂きました。『ごごナマ「50代からのデニム活用術」のコーデを女っぽくクラス感アレンジ』の記事をご覧になったアラフィフさんで、Tシャツとジーンズをコーデすると垢抜けないんですが・・というご相談です。

 

www.connoisseur12.com

 

肌が引き締まっている若い方たちなら、Tシャツとのコーデはカッコいいのですが、たるみが出る年齢になると、普段着感が強調されます。運動会のお手伝いにきたオバチャンになってしまうんですよね。

 

一例として、ヘインズの白Tシャツとリーバイスのメイド&クラフテッド701とをコーデしてみました。パールのネックレスとピアスをして、エナメルのミュールを履きましたが、それでも普段着の域を出ません。

しかも私は骨格スタイルがナチュラルタイプ(骨格がしっかりした中性的なボディ)なので、男っぽく見えちゃいます。

 

50代女性ジーンズコーディネート

 LEVI'S®MADE&CRAFTED™ 701 セルビッジ MEDIUM STONEWASH

 

垢抜けなさを解消するには、トップスにフェミニンなタイプを選ぶこと。下のコーデはキャミソールの上にティティベイト(titivate )のスカラップレースのブラウスを着ています。ブラウスの裾を前だけウエストインすれば、自信のないお腹周りもカバーできます。

 

50代女性ジーンズコーディネート

 Vネックスカラレースブラウスプルオーバー

 

 

 

では次なる課題。デニムとシャツとのコーデ問題です。GUのストライプのシャツを着たのが下の画像ですが、メンズの雰囲気ですよね。

 

50代女性ジーンズコーディネート

 

同じくブルーのストライプでも、襟が大きく開いたフェミニンなブラウスを着ると、雰囲気が変わります。ピエロ(Pierrot)で2年前に買った「ルーズショルダー半袖ブラウス」は、今のほうが似合うようになりました。

 

50代女性ジーンズコーディネート

 

 

 

 

ここで補足を。ジーンズを履くにはウエストやヒップに自信がないという方には、ストレートやテーパードよりも、ワイドタイプをおすすめします。下の画像はユニクロの「ハイライズワイドジーンズ」。ストンと落ちる幅広のデニムなので、太ももをカバーしたい方にもおすすめです。

そしてトップスは綿Tシャツではなく、とろみ感があるフェミニンなブラウスを。ドゥクラッセ(DoCLASSE )の「UVスラブ・ファネルネックフレンチ/無地」を着ました。

 

50代女性ジーンズコーディネート

UVスラブ・ファネルネックフレンチ/無地

 

もっとエレガントに、ウエストの太さもカバーするには、サマーストールを巻きます。ジーンズのベルトループに通さず、ラフな巻き方をしたほうが、ナチュラルな雰囲気が出ます。

 

50代女性ジーンズコーディネート

 

今回のコーデ、シューズは全てヒールのあるパンプスにしました。今年はスニーカーが流行していますが、デニムはハードな(辛口な)アイテムなので、スニーカーだとゴツくなってしまいます。足元は華奢にして、甘辛バランスを上手に配分すれば、垢抜けるコーデができるはず。女っぽいトップスとシューズで固さを中和してみましょうね。