大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代からの高見え若見えコーデ&エイジングケアのブログ

ワイドデニムは終わった?ジーンズは年齢と容姿に見合ったタイプを選ぶ


似合わないデザインなのに、流行に負けて買ってしまった服はありませんか? 私の場合はワイドパンツ。それもハイウエストのワイドジーンズは、自分が履いたのを見ると、カッコ悪いの一言に尽きるのです。

 

お気に入りのドゥクラッセ(DoCLASSE )「14番リネン・バックコンシャスブラウス」は、リネンの風合いがデニムとしっくりくるはず。なのにワイドジーンズを履くと、垢抜けないおばさんになります。

このジーンズはユニクロで2年前に買った「ハイライズワイドジーンズ」。それほど古いものじゃないのに、昭和の名残りに見えてしまうのは、バランスが合っていないのでしょう。ウエストが太く、短足に見えます。

 

ワイドジーンズ

14番リネン・バックコンシャスブラウス

 

ワイドジーンズは今年のGUでも売っていますが、「ハイウエストスーパーワイドジーンズ」はなんと980円に値下がり。トレンドの終わりを感じます。

 

ハイウエストスーパーワイドジーンズ

 

Domaniに「危険!デニムこそダサさがバレる!?2019年のデニムのシルエット、丈感をお伝えします?【デニムこそコンサ婆さん注意報】」という記事があって、今の流行はすっきりとしたストレートデニムだと書いてありました。

 

domani.shogakukan.co.jp

このブログで私はたびたびLEVI'S(リーバイス)の「ジャパンメイド701」を履いています。リーバイスはトレンドなんて関係なく、長くカッコよく履ける、ストレートデニムの王道を行っていると思います。

 

リーバイス701

LEVI'S®MADE&CRAFTED™ 701 セルビッジ MEDIUM STONEWASH

 

くるぶしが見えるように裾をロールアップすると、レングスは縮まっているのに、スタイルにメリハリがつくのはリーバイスマジックでしょう。

 

リーバイス701

 

ワイドよりストレートが主流になった今、他の形はどうでしょう。デニムが大好きすぎる私は、昔流行したローライズも捨てられず、いつか履けるのでは?と淡い期待を抱いております。

 

 

 

 

20年ほど前、爆発的な人気を誇った 7 For All Mankind (セブン・フォー・オール・マンカインド)のデニムを履いてみました。形はまた人気が出てきたフレアタイプです。

 

7 For All Mankind

 

でもトップスをウエストインしたら時代遅れが一目瞭然。こんなローライズを履いていたとは、今ならとても外に出られません。

 

7 For All Mankind

 

同じフレアタイプでも、今だったらハイライズ。お尻の割れ目まで見えそうだったローライズに比べると、品がありますね。

GU「セミフレアジーンズ」

GU「セミフレアジーンズ」

ちなみに大ブレイク間違いなしのデニムは、ユニクロの「ワイドフィットカーブジーンズ」。足が長く見えると評判ですが、それは股下が長くて、裾をカットしなければの話だと思います。

小柄な方が裾をカットして履いたら、計算し尽くしたカーブのシルエットが無くなってしまい、2年前のワイドジーンズになります。モデルさんに釣られてはいけません。

 

ワイドフィットカーブジーンズ

ユニクロ「ワイドフィットカーブジーンズ」

長いあいだデニムを履き続けてきた経験から言って、トレンドのジーンズは年齢と体形を選びます。自分の容姿を正視して、しっくりと馴染むタイプを選ぶのが賢明じゃないでしょうか。ワイドデニムはやめました。

 

40代50代女性のジーンズコーデについては、下記のブログにまとめてあります。

www.connoisseur12.com